医療・介護建築のアイデアと技術

いつもいまが快適であるように。積水ハウスは、いち早く「生涯住宅思想」の視点で住まいづくりに取り組んできました。

いつまでも自分らしくありたいという想いと年齢とともに変化する心身機能。積水ハウスは、その両方をくみ取って、高齢者のための快適な住環境を追求しています。そこには、「住まいづくり」で培われたノウハウ、さらに先進の技術の導入や長年の研究・開発に裏付けられたきめ細かな配慮があります。

高齢者住宅・施設に特化し開発された
7つのアイデア

安心と安全の技術

かけがえのない暮らしと命を守りつづけていくこと。それは「住まい」がいちばんに果たさなければならない使命です。
積水ハウスは「毎日のこと」にも「万が一のこと」にも備え、日常のなかで不安や無理を感じずに過ごせる安心・安全の住まいづくりに取り組んでいます。

環境を守る技術

「住まい」に求められる大切な要素のひとつは、快適に暮らせること。
積水ハウスは、日本の気候・風土のなかでの、住宅における「居心地のよさ」を研究し続けてきました。光や風を招き入れる空間を設計するとともに、いつまでも住み続けたくなる価値を創造します。

快適をつくる技術

「住まい」に求められる大切な要素のひとつは、快適に暮らせること。
積水ハウスは、日本の気候・風土のなかでの、住宅における「居心地のよさ」を研究し続けてきました。光や風を招き入れる空間を設計するとともに、いつまでも住み続けたくなる価値を創造します。