医療分野での土地活用

地域の福利に資する医療分野での土地活用。安定した土地資産活用と地域医療の充実を両立します。

超高齢社会にある今、地域医療の拡充と、高齢者が安心して暮らせる地域包括ケアの仕組みづくりが求められています。

医療介護複合型サービス実例レポートはたのリハビリふるさと(広島県)

土地オーナー様の「地域に貢献できる土地活用を」との想いと、地域包括ケアを提供するドクターの想いが繋がった、サービス付き高齢者向け住宅と医療の複合事例。

土地オーナー様は地域に多くの土地を所有されており、当該土地はもともとはオーナー様が住んでおられたお宅があった土地。オーナー様は土地活用を考える際に、土地を分割しての活用は考えておられませんでした。
一方、医療法人・長寿会様は、事業の為の土地を探しておられ、医師である理事長は、治療後・退院後の患者様に対する在宅ケアの必要性に早くから着目され、ご自身で複数の介護事業を運営されるなど、地域包括ケアシステムの先駆者。
長寿会様なら広い土地を一括で活用できること、事業にも適した土地であることから、両者をマッチングすることに。
土地オーナー様は、地域貢献ができる高齢者住宅・介護施設である事を高く評価され、この事業がスタートしました。

医療・看護・介護の連携により、
住み慣れた地域での自立生活を支援する、在宅ケアの新たな将来像。

「住み慣れた地域で安心して自分らしく住み続けられるように」という理事長の理想が、新たな支援拠点として形になりました。はたのリハビリふるさとは高齢者住宅に複合型サービス(小規模多機能型居宅介護+訪問看護)を組み合わせた広島県初の事例。
隣地にはクリニックも開業、医療、看護、介護を高次元で組み合わせた地域包括ケアの拠点です。入居者は日常生活の中でリハビリに取り組みながら医療と介護サービスも得ることができ、大きな安心をもたらしています。

玄関正面には看護師が常駐する訪問介護事業所

高齢者の自立を支え、住まいとしての高いクオリティーを提供

堂々とした車寄せやガラスを多用した美しいエントランス、敷地の石を活かした庭など、建物はその質の高さで住宅街に溶け込んでいます。
一方で、多くの居室でトイレのドアをカーテンにし、車椅子の場合でも自分で用を足せるスペースを確保するなど細やかな工夫も。できるだけ自立して、尊厳をもって暮らしたい。そんな想いに応える環境が整っています。
高齢者の自立を支えつつ、自宅と変わらない生活を送れる高いクオリティーの居室は入居者に支持され、高い入居率につながっています。

カーテンを扉にした居室のトイレ

担当者のメッセージ

地域によりよく貢献できる新しい複合化の提案

医療・介護推進事業部の各スタッフと連携することで、地域によりよく貢献できる新しい複合化の提案につなげられたと思います。

広島シャーメゾン支店
営業担当:梅田雅司

オーナー様と事業者様、両者の想いを最適なかたちでマッチング

クリニックモール活用実例レポートメディカルコミュニティ 湘南山手 (神奈川県)

地域貢献と土地活用をお考えのオーナー様に、クリニックと薬局が併設された「クリニックモール」をご提案

この地域で本当に喜ばれる土地活用を目指して

「以前、土地の活用を考えていた時、JAから紹介されたのが積水ハウスの山内さんでした」と語るオーナーのS様。それ以来、土地活用や資産運用などのパートナーとして、お二人の付き合いが続いています。オーナーのS様は、「17年くらい前から、この辺りの区画整理が始まり、人口が増えてきました。地元の人に賃貸住宅よりもっと喜んでいただけるものをつくりたい、という気持ちを持っていました。」その思いにお応えするため、山内は、当時町内にはなかった医院に着目。綿密な診療圏調査のもと地域の方々に貢献できる戸建て型クリニックモールをご提案しました。S様は「近所の人の『お医者ができればいいね』という声も聞いていたので、提案を受け、事業計画を進めてもらうことにしました。」と、おっしゃいます。こうして、医院建築の専門チームのサポート体制のもと、地域の方々に求められていた戸建て型クリニックモールがスタートしました。

薬局併設という難問も、オーナー様との二人三脚でクリア

今では地域の人たちに愛される「メディカルコミュニティ湘南山手」も、診療圏調査に基づきプランが検討される過程では、大きな問題が立ちはだかっていました。それが、調剤薬局の併設。このエリアが第一種低層住宅専用地域であったため、薬局が店舗と判断されると敷地内に建設できないことに。しかし、薬局は地域の人たちやドクターの利便性を高める上で、欠かせない要素のひとつ。この難問に、営業担当の山内は何度も行政窓口に出向いて相談をし、施設の必要性を説き、そして審議会や地域住民への公聴会で賛同を得て解決へと導いたのです。

機能しはじめたコミュニティにオーナーS様からもよろこびの声

「薬局建設の問題も、山内さんが役所や地域へ積極的に働きかけてくれたので心強かった。スムーズに実現できたのも、山内さんという良いパートナーあってこそです。」とおっしゃるのは、オーナーのS様。地域の方々が切望された内科と整形外科には、それぞれ若くて有能なドクターが誘致されています。ご自身も受診されるというS様は、さらにこう付け加えられました。「ドクターも地元のお祭りに参加されるなど、積極的に地域になじもうとされています。今ではエリアのコミュニティとしても機能し、大変満足しています。」

積水ハウスは開業後の経営面までもしっかりサポート

土地や地域のマーケティング調査から建築・開業までを一貫して手掛けるられるのも、積水ハウスならではのメリット。たとえば、より高度となる医院向けの工事も、自由度の高いシステムと企画・設計力により、オーナー様の事業を考慮しながらドクターの意向を反映することが可能です。また、開業後は地域のカスタマーズセンターが建物のメンテナンスを担当。オーナーの皆様の大切な資産を長く守り続けます。

開業されたドクターから
  • さいとう整形クリニック

    患者さんに近い医者になる願いが
    クリニックモールで実を結びました。

    土地や地域のマーケティング調査から建築・開業までを一貫して手掛けるられるのも、積水ハウスならではのメリット。たとえば、より高度となる医院向けの工事も、自由度の高いシステムと企画・設計力により、オーナー様の事業を考慮しながらドクターの意向を反映することが可能です。
    また、開業後は地域のカスタマーズセンターが建物のメンテナンスを担当。オーナーの皆様の大切な資産を長く守り続けます。

  • 湘南山手つちだクリニック

    家庭医としての方針が具体化できたのは
    トップメーカーとしての信頼があってこそ。

    クリニックモールはレイアウトの自由さに加えて、広い駐車場も確保できる利点もあります。地域に根ざした家庭医を目指す僕にとっては、使い勝手の良いモールが魅力的でした。特にこだわったのは患者さんのプライバシーを尊重した診察室と待合室です。
    完成したときは、トップメーカーとして信頼していた通り、期待していたものができたと満足できました。予算的にも、自分で内装しなくてはならないビル診療に比べてイニシャルコストが少なくて済みました。

担当者のメッセージ

これからも貴重な経験を活かして
オーナーのみなさまの土地活用をバックアップします。

S様と出会えたことで、私自身、新しい事業に携わることができたました。私を信頼していただき、そしていっしょにS様の思いを実現できたことを、大変うれしく思っています。しかも、神奈川県初のパイオニア的存在となる戸建て型クリニックモール、歓びもひとしおです。
その後、県内で4件が開設されるなど戸建て型クリニックモールは、今後ますます注目度が高まる事業です。今回得た貴重な経験を活かし、オーナーの皆様の有効な土地活用に役立てていきたいと考えています。

メディカルコミュニティ湘南山手:概要

設計概要

  • 所在地:神奈川県横須賀市
  • 開所年月:2004年9月
  • 全体敷地面積:1049.42m²
  • 駐車スペース:16台
  • テナント(2診療所+1調剤薬局)
  • ・さいとう整形クリニック 整形外科、リウマチ科 他 (延床面積:260.00m²)
  • ・湘南山手つちだクリニック 内科、小児科 他 (延床面積:170.31m²)
  • ・さくら薬局(延床面積:69.14m²)

クリニックレントのご紹介

地域貢献と土地活用をお考えのオーナー様に、クリニックと薬局が併設された「クリニックモール」をご提案

「クリニックレント」とは、土地オーナーさまが建築した医院をドクターが賃借するという方式。積水ハウスは医院開業セミナーで収集した情報や医療コンサルタントとの提携により、開業希望のドクターを土地オーナーさまに紹介し、賃貸借契約をコーディネートします。社会的信頼度の高い医療施設は安定した経営をもたらすうえ、地域社会にも貢献。また、ドクターにとっては早期の独立開業が可能となります。

クリニックモール活用事例