クリニック経営での会計とは

税理士

丸山 定夫

MCS税理士総合事務所 所長

TKC税務講座第1回はクリニックの経営の心構えとしても一読していただきたい会計の総論を税理士の丸山先生にお話いただきます。

1.経営者として

まずは、多岐にわたる経営実務を理解すること

クリニックを開業しますと、勤務時代とは違い、医師としての仕事のほかに、経営者としての仕事が加わってきます。忙しい診察、治療の合間をぬって医学知識や治療技術の習得・研鑽を積み、さらにクリニックを安定的発展へと導かねばなりません。経営者としては、公官庁への書類の提出、人の採用・育成、組織作り、資金繰り、会計、確定申告、節税対策、給与計算、社会保険、労働保険、広告・増患対策、保険の加入・・・その他初めて経験されることが目白押しです。その中でも、会計と税務についての理解はクリニック経営の第一歩といえるでしょう。

2.クリニックの会計とは

会計はクリニック経営の基幹情報

会計とは、簡単にいいますと、企業(ここではクリニック)の経済活動(ここでは医業活動)を、主に金額によって測定し、記録、分析して、院長先生をはじめ内部の経営者等に経営に役立つ情報を提供するとともに、税務署や銀行等外部の関係者にクリニックの財政状態や経営成績を報告するものです。従って、様々な診療行為等も、すべて金額で評価・測定、記録されます。その評価・測定、記録する技法として簿記が使われています。

コラム Column
医療法改正による影響 ~残余財産の処分で大きな違い~

経費を計算する場合には、帳簿の整備と日々の記帳が大切です。
現在では、記帳は会計ソフトを使ってパソコンで処理するのが主流になっています。たとえばTKCの会計事務所が提供している医業会計データベースは個人、医療法人どちらにも対応できる医業・介護専用のパソコン会計システムです。パソコンに入力することにより、必要な基本的な帳簿は作成できます。

3.家計と分離する

クリニックの会計とドクターの家計は別管理

クリニックの会計を始めるにあたり、まずやるべきことは、クリニックの会計とドクター個人や家族の生活のための会計(家計)を、はっきり区別することです。クリニックのお金とドクターの個人的なお金は混同してはなりません。そのためには・・・・

今回のまとめ

開業医となると、本来の医療に加えて経営者としてもやらなければならないことがたくさんでてきます。また、経営者としての判断を要求される事も多々有ります。そこで指針となるのが医療会計です。そのためにも医療における収入と支出を明確に記録すること。そして今後の判断材料とすることがポイントです。

経営者としての場面でもエキスパートとなっていただくため、この講座がお役立て頂ければ幸いです。

〜ドクターのための豊富なTKC税務講座一覧〜

他にも医業経営に役立つ情報が満載です。様々な税務講座をご用意しております。
「+」をクリックすると内容を一覧できます。

医院経営について

会計
戦略
税制
その他