うさかクリニック

富山県富山市

医院専用

診療科目:内科/循環器内科/腎臓内科(人工透析)

患者さんにとっての居心地を重視し、快適な透析環境を実現。

長年地域に関わってきた経験を活かし、
富山市南部で初めての透析クリニックを開業

医大生時代、勤務医時代を通して富山市内で長年臨床に携わられてきた院長。人工透析は週3日の治療が必要ですが、「神通川より西・南のエリアは、橋を渡る道路が渋滞して通院が大変」という声が多かったとか。そこで、地域医療に貢献することをめざし、富山市南部で初となる透析クリニックを開業されました。

他の住宅メーカーや設計事務所も検討されるなか、「住まいの夢工場」と「総合住宅研究所」を見学された院長。「建物の品質や性能がいいことと、建てた後に手がかからないメンテナンス性を評価しました」と、積水ハウスに決めた理由を語ってくださいました。

設計概要

用途:医院専用

敷地面積: 1480.00㎡

1F床面積: 440.56㎡

2F床面積: 109.71㎡

延床面積: 550.27㎡

医院部分面積: 550.27㎡

駐車場台数: 40台

担当支店

富山営業所

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

当初、設計事務所での建築を予定されていましたが、「消費増税前の駆け込み需要で、工期や建材確保に不安がある」と、ご相談いただきました。土地利用に関わる自治体への繁雑な届出もクリアし、しっかりとした工程管理で納期に間に合わせることができ、院長にご満足いただけたと思います。

営業担当:清水 常之

富山営業所での医院建築案件は数多く手掛けてきましたが、透析クリニックは初めてでした。医療・介護推進事業部との緊密な連携により専門的な情報や設計ノウハウをもとに打合せができ、院長に信頼いただけたことはもちろん、今後に役立つ大きな経験になりました。

設計担当:大木 哲也