三神医院

三神医院

親子4代にわたって続く開業医。
3人の医師が協力して、地域の健康を守るかかりつけ医に。

医院専用診療科目: 整形外科 / 内科 / 呼吸器科 / 脳外科

多様な診療科とMRIなど充実の検査設備で
甲府地方の健やかな暮らしを守る。

若先生の曾祖父にあたる三神三郎先生は、開業医でありながら甲府の人々を悩ませていた地方病の研究に取り組み、その病原母虫である「日本住血吸虫」の発見に寄与した医師。以来、代々地域のかかりつけ医として健康を守り続けてきました。この度、脳外科のお父様、内科・呼吸器科の兄・竜先生、整形外科の弟・貴先生が一緒に働ける医院を、と計画がスタートしました。都内のご自宅と甲府の病院を行き来していた先生方との打合せをスムーズに進められるよう、積水ハウスも東京と山梨の支店間の連携を活かしてサポート。開業医としては珍しく、レントゲンやCTに加え、MRIまで設置し、迅速かつ的確な診断ができる医院が誕生しました。

外観

  • <外観>東側の道路に面した敷地に、26台分の駐車スペースを確保。待合室とリハビリ室への十分な採光が得られる配置や、MRI装置の設置条件をクリアしながら、スクエアのシルエットが連なり、奥行き感のある表情豊かな外観に仕上げました。清潔感のあるホワイトをベースに、濃いブラウンをアクセントとした温かみのあるツートンカラーで、患者さんをやさしく出迎えます。
    Read More
    <外観>側の道路に面した敷地に、26台分の駐車スペースを確保。待合室とリハビリ室への十分な採光が得られる配置や、MRI装置の設置条件をクリアしながら、スクエアのシルエットが連なり、奥行き感のある表情豊かな外観に仕上げました。清潔感のあるホワイトをベースに、濃いブラウンをアクセントとした温かみのあるツートンカラーで、患者さんをやさしく出迎えます。
  • <石碑>旧医院の庭に建てられた石碑。「明治三十七年七月三十日 此の地に於いて始めて日本住血吸虫が発見された 三神三郎」と、地方病根絶のきっかけとなった発見について刻まれています。
    Read More
    <石碑>旧医院の庭に建てられた石碑。「明治三十七年七月三十日 此の地に於いて始めて日本住血吸虫が発見された 三神三郎」と、地方病根絶のきっかけとなった発見について刻まれています。

内観

  • <待合室>「明るい待合室を」とのご要望に応えるため、吹き抜けにハイサイドライトを設置。光がふんだんに射し込み、冬も暖かい待合室を実現させました。一度の来院で複数の診療科にかかる方がいるほか、薬も院内処方にしているため、患者さんが待合室にいる時間は比較的長くなります。そこで、ナチュラルテイストのインテリアに目と心が休まるグリーンをアクセントとして加え、ゆっくり快適に過ごせる空間にしました。
    Read More
    <待合室>「明るい待合室を」とのご要望に応えるため、吹き抜けにハイサイドライトを設置。光がふんだんに射し込み、冬も暖かい待合室を実現させました。一度の来院で複数の診療科にかかる方がいるほか、薬も院内処方にしているため、患者さんが待合室にいる時間は比較的長くなります。そこで、ナチュラルテイストのインテリアに目と心が休まるグリーンをアクセントとして加え、ゆっくり快適に過ごせる空間にしました。
  • <待合室>「明るい待合室を」とのご要望に応えるため、吹き抜けにハイサイドライトを設置。光がふんだんに射し込み、冬も暖かい待合室を実現させました。一度の来院で複数の診療科にかかる方がいるほか、薬も院内処方にしているため、患者さんが待合室にいる時間は比較的長くなります。そこで、ナチュラルテイストのインテリアに目と心が休まるグリーンをアクセントとして加え、ゆっくり快適に過ごせる空間にしました。
    Read More
    <待合室>「明るい待合室を」とのご要望に応えるため、吹き抜けにハイサイドライトを設置。光がふんだんに射し込み、冬も暖かい待合室を実現させました。一度の来院で複数の診療科にかかる方がいるほか、薬も院内処方にしているため、患者さんが待合室にいる時間は比較的長くなります。そこで、ナチュラルテイストのインテリアに目と心が休まるグリーンをアクセントとして加え、ゆっくり快適に過ごせる空間にしました。
  • <中待合>中待合には天窓を設けてほどよい明るさを確保。日差しが強い日にはロールスクリーンを閉めて明るさを調整できます。また、座っている人がいても車いすに乗った人がスムーズに通れるよう、十分な幅をとっています。
    Read More
    <中待合>中待合には天窓を設けてほどよい明るさを確保。日差しが強い日にはロールスクリーンを閉めて明るさを調整できます。また、座っている人がいても車いすに乗った人がスムーズに通れるよう、十分な幅をとっています。
  • <診察室>3つの診察室は基本的に同じつくりにして、第1診察室は内科・呼吸器科、第2は脳外科、第3は整形外科で使用しています。中央にある第2診察室の裏にはシンクや収納を設けず、身長や体重の計測器などを設置。どの診察科でもすぐに身体測定ができるようにしました。
    Read More
    <診察室>3つの診察室は基本的に同じつくりにして、第1診察室は内科・呼吸器科、第2は脳外科、第3は整形外科で使用しています。中央にある第2診察室の裏にはシンクや収納を設けず、身長や体重の計測器などを設置。どの診察科でもすぐに身体測定ができるようにしました。
  • <処置・点滴室>5台のベッドと1脚の椅子が並ぶ処置・点滴室。患者さんが横たわったときにまぶしくないよう、天井の電気を消して使うこともありますが、ベッド1つに対して1つの窓があるので、処置に十分な明るさを保てます。右端の2つのベッドの上には、それぞれ換気扇を設置。インフルエンザの患者さんなどの隔離スペースとしても使用しています。
また、収納を多く設けているので、旧医院から引き継いだ検査機器などもすっきり収まりました。
    Read More
    <処置・点滴室>5台のベッドと1脚の椅子が並ぶ処置・点滴室。患者さんが横たわったときにまぶしくないよう、天井の電気を消して使うこともありますが、ベッド1つに対して1つの窓があるので、処置に十分な明るさを保てます。右端の2つのベッドの上には、それぞれ換気扇を設置。インフルエンザの患者さんなどの隔離スペースとしても使用しています。 また、収納を多く設けているので、旧医院から引き継いだ検査機器などもすっきり収まりました。
  • <リハビリ室>リハビリ室を明るくしたいという貴先生のご要望があったため、待合室と同じように上部吹き抜けにハイサイドライトを設置。吹き抜け部分は天井高5mとなっており、明るく開放感のある空間になりました。利用される患者さんからも「きれいで居心地がいい」という声をいただいています。
    Read More
    <リハビリ室>リハビリ室を明るくしたいという貴先生のご要望があったため、待合室と同じように上部吹き抜けにハイサイドライトを設置。吹き抜け部分は天井高5mとなっており、明るく開放感のある空間になりました。利用される患者さんからも「きれいで居心地がいい」という声をいただいています。
  • <MRI>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
    Read More
    <MRI>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
  • <CT>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
    Read More
    <CT>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
  • <X線室>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
    Read More
    <X線室>プランづくりを進めていく中で、CTとレントゲンに加えてMRIまで導入することが決定。MRIは電磁波を出す精密機器なので、部屋の配置や壁の素材、照明器具にいたるまでさまざまな制約がありますが、その制約を一つ一つクリアしていきました。さらに、患者さんに安心して検査を受けてほしいとの想いから、間接照明でリラックスできる空間に仕上げています。
  • <操作室>レントゲンとCTとMRI、3つの検査機器の操作を行う部屋を1つに集約するというのは、貴先生のアイデア。3種類の検査が続けて行われるときにも、検査技師が無駄なく動けます。
    Read More
    <操作室>レントゲンとCTとMRI、3つの検査機器の操作を行う部屋を1つに集約するというのは、貴先生のアイデア。3種類の検査が続けて行われるときにも、検査技師が無駄なく動けます。
  • <配置図>MRI検査のために前室も用意。快適に準備ができると患者さんに喜ばれています。この前室は診察室から操作室へのスタッフ動線としても役立っており、操作室でレントゲンの状況を見てすぐにギプスを準備するなど、迅速な対応ができるようになりました。
    Read More
    <配置図>MRI検査のために前室も用意。快適に準備ができると患者さんに喜ばれています。この前室は診察室から操作室へのスタッフ動線としても役立っており、操作室でレントゲンの状況を見てすぐにギプスを準備するなど、迅速な対応ができるようになりました。
  • <休憩室>スタッフの休憩室とは別に、医師が休憩するための部屋を用意。3名の医師それぞれが休める部屋と、カンファレンスなどができる医局スペースがあります。午後の診療にそなえてしっかりリフレッシュできるよう、浴室も完備しています。
    Read More
    <休憩室>スタッフの休憩室とは別に、医師が休憩するための部屋を用意。3名の医師それぞれが休める部屋と、カンファレンスなどができる医局スペースがあります。午後の診療にそなえてしっかりリフレッシュできるよう、浴室も完備しています。

図面

用途 医院専用
敷地面積 1755.082㎡
1F床面積 370.82㎡
2F床面積 86.20㎡
延床面積 457.02㎡
駐車場台数 26台
担当支店 武蔵野シャーメゾン支店・山梨支店

積水ハウスのクリニックに関するお問い合せ・資料請求

お問い合わせ・資料請求