こんの内科クリニック

福島県

住宅併用

診療科目:内科/消化器科/循環器科/呼吸器科

内視鏡専門科目を活かす機能的な空間を実現

長年勤めた総合病院を退職され、地元で内科医院の開業を志された先生。 内視鏡専門医としての実績で、遠方からの紹介患者さんも多く、そうしたニーズに対応すべく最新の経鼻内視鏡や専用洗浄機を設置する広い内視鏡室が必要でした。
一方で、地域に多い高齢の患者さんや地元のお子さんにも親しみやすい医院をご希望。 設計担当の長谷川は敷地を活かした明るく開放感あふれる空間を計画しました。
大きな窓と吹抜けが印象的な待合室や、温もりのある色使いの外観、広い駐車場、弾性舗装を施したスロープなど随所に快適性と安心が具体化されています。

設計概要

敷地面積: 1127.00㎡

1F床面積: 214.22㎡

2F床面積: 136.12㎡

延床面積: 350.34㎡

医院部分面積: 197.04㎡

駐車場台数: 21台(スタッフ用含む)

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

クリニックには多様な要素があり、煩雑なプロセスを総合的にコーディネイトして先生にお力添えするのが私たちの仕事です。 プロとしての知識と経験を最大限に生かし、先生の医療に対するビジョンをトータルで具体化していくお手伝いができるよう努力しました。 常に信頼できるチームとしての総合力を発揮できるよう心がけています。

いわき支店 特建課 営業担当:落合 茂

患者の快適さ、先生の診療しやすさ、スタッフの働きやすさ、といった原点を心がけつつ、先生のご意向を汲んだご提案をし、ご判断を受けて、再度プランのご提案、というキャッチボールを何度も繰り返していきました。 スムーズに進めることができたのは先生が明確な方向性をお持ちだったおかげです。 細部については様々なご提案をさせて頂きましたが、柔軟かつ積極的に取り入れてくださり、結果として設計者としても満足できる仕上がりになったと自負しております。

いわき支店 設計課 設計担当:長谷川 徹