木下動物病院

神奈川県相模原市

住宅併用

診療科目: 動物病院

診療だけではない「付加価値」を備えて生まれ変わった、
父子二代にわたり地域に愛される動物病院。

ドッグラン、しつけ教室、ペットホテルで
ペットと人を取り巻く環境をトータルコーディネート

1979年にお父様が開業された旧医院は、平屋建て。以前お勤めの病院で最新の医療を経験された若先生が戻られることを機に、建て替えが決まりました。動物病院を数多く手掛けてきたエキスパートが若先生のご要望をお聞きし多くの経験と知識を基にマスタープランを作成。計画を進めました。自宅と併用されている当医院。お住まいになられてからは、地震に対する安心感や、動物の鳴き声が離家に漏れることにも配慮した遮音性の高さなどの基本性能にもご満足されています。

「ペットと人を取り巻く、よりよい環境を創りたい」とドッグラン、しつけを教えるドッグスクール、ペットホテルを設けられた若先生。お父様の代からお付き合いのある飼い主さんはもちろん、新たなサービスを求めていらっしゃる飼い主さんと、新たなつながりもしっかり育まれる環境づくりがなされています。

設計概要

用途:住宅併用

敷地面積: 948.34㎡

1F床面積: 154.20㎡

2F床面積: 139.55㎡

PH階床面積: 6.30㎡

延床面積: 300.05㎡

医院部分面積: 177.58㎡

駐車場台数: 15台

担当支店

埼玉西シャーメゾン支店

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

これまでも数多くの動物病院づくりに携わってきました。動線や設備機器など基本的な知識があるので、スムーズに打合せをさせていただけたと思います。動物病院はペットの入院があるので住宅併用の建物にされることが多いのですが、医院としても住宅としても快適なプランをご提案できるのが当社の強みです。

営業担当:高橋 秀明

旧医院の庭をドッグランとして有効に活用されたりトリミングルームを併設されたこと、また、各室の様子がわかるように小窓をつけるご要望も当時の動物病院としては珍しく、印象に残っています。若先生らしいアイデアにあふれた新しいスタイルの医院ができたと思います。

設計担当:大谷 健一