いいのクリニック

山梨県

住宅併用

診療科目: 外科/消化器科/内科/肛門科

地域の「かかりつけ医」として多彩で手厚い診療・検査を実施。

積水ハウスのプラン対応力が決め手に

手術がメインの多忙な勤務医から、故郷での独立開業を決意された先生。競合する中で、全体的な敷地利用やプラン対応力を評価していただき、積水ハウスが担当することになりました。

設計概要

用途:住宅併用

敷地面積: 509.60㎡

1F床面積: 257.42㎡

2F床面積: 201.08㎡

延床面積: 469.72㎡

(ペントハウス含む)

医院部分面積: 241.15㎡

駐車場台数: 25台(隣接地)

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

幅広い診療科目や日曜診察など、常に患者さんの立場で医療にあたられている先生は、医院作りにおいても、患者さんにとっての肉体的・精神的快適さを第一に求められました。そこで、滞在時間の長い物療室や待合室を日当たりのよい南側に配置しました。また、内装も温もりのあるコーディネートをご提案して医院にありがちな無機質で冷たい感じを払拭し、医院全体を優しい雰囲気となるよう、配慮しました。

山梨支店 営業担当: 触澤 健夫

先生や奥様のお人柄の良さのせいでしょうか。お子さまも伸び伸びとされていて、素敵なご家族でした。展示場で先生との打合せの際に、傍らでお絵描きをされていた息子さんが、ご自分にまで色を塗り、真っ黒になって遊ばれていたのが印象的でした。そんな明るいご家族の、住居部分のプランを計画するのはとても楽しく、地域に貢献する医院施設開業のお手伝いをすることはやりがいもあり、素晴らしい経験をさせて頂けました。

山梨支店 設計担当:有野 大
東京営業本部 設計担当:塩崎 勝博
東京設計部 コーディネーター:根木島 加奈子