畑山歯科医院

大阪府枚方市

医院専用

診療科目: 一般歯科/インプラント/審美歯科/歯科口腔外科/小児歯科

地域に親しまれる歯科医院。
患者さんの利便性に配慮して工事中も同じ場所で診療

駐車場確保のための建て替え。
前面道路からの視線を断ちながらも自然光を取り入れた、明るい空間づくり

計画道路による敷地後退により従来の駐車場がなくなってしまったため、新たに駐車場の確保が必要に。この機会に医院を建て替えたいということから、計画が始まりました。建て替えにあたり、「工事中もできる限り診療を継続したい」という患者さん目線に立った院長のご要望がありました。この解決策として、旧医院の診療部分を残したままでの新医院の建築を検討。結果、旧医院の北側半分のみを解体し、残った部分で診療を継続する方法をとりました。また、南側に交通量の多い道路があるため、内部に自然光を取り込みながらも、道路の喧噪を感じさせずリラックスできる医院とすることが課題となりました。

用途:医院専用

敷地面積: 276.46㎡

1F床面積: 103.29㎡

2F床面積: 34.31㎡

延床面積: 137.60㎡

駐車場台数: 5台

担当支店

大阪支店

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

始まりは計画道路の拡幅により既存の駐車場部分がなくなってしまうことから、既存の医院を建て替えて駐車場を確保することでした。院長の意向は「患者さんがリラックスできる空間」「住宅メーカーの建物に思えない医院らしい外観」、そして何よりは「診療を続けたまま建て替え工事を行う」ということでした。設計担当の西野が初回の打合せから同行し、細やかな素晴らしい提案ができたと思います。また、診療を続けるために、医院の一部を切り離して工事を行いました。現場監督や支店の様々なスタッフの協力により、院長のご要望にお応えすることができたと思います。

営業担当:宇高 純一

患者さんの居場所を大切にされる院長のお気持ちを受けて計画がスタートしました。外観は、木調ルーバーを1階、2階に使うことで、水平ラインを強調した特徴あるデザインをご提案しました。全体計画は、交通量の多い南側道路から層のようにゾーンを区切り、道路~駐車スペース~木調ルーバーで囲われた中庭~患者スペース~スタッフスペースと、よりプライバシー性を高めることができました。院長は緑がお好きなことから診察スペースの前には中庭をつくり、アプローチからも奥行のあるこの中庭を望むことができるのが大きな特徴となっています。室内は外とのつながりを大切にして、待合室の吹抜けから空を眺めたり、診察室から中庭を眺めたりできる開放的な空間ができました。

設計担当:西野 宏樹