古畑泌尿器科クリニック

長崎県松本市

医院専用

診療科目: 泌尿器科

患者さんがリラックスできるような空間づくりに配慮したクリニック

患者さんが気軽に受診でき、長いお付き合いのできる
「泌尿器科のかかりつけ医」を目指す専門クリニック

「泌尿器科の受診には抵抗を感じられる方が多いのですが、ほとんどの方が加齢とともに排尿に関する悩みを持たれるようになります。

だからこそ、院内は太陽が燦々とした明るい雰囲気というよりもプライバシーを重視した落ち着ける空間をつくり、少しでもリラックスしていただきたい」と古畑先生。

院内では内装だけではなく、アロマランプの香りによるリラクゼーション効果も期待しています。

設計概要

用途:医院専用

1F床面積: 160.62㎡

延床面積: 160.62㎡

敷地面積: 330㎡

フォトギャラリー
施設図面

「泌尿器科のかかりつけ医」を目指す専門クリニック 泌尿器科 古畑泌尿器科クリニック

積水ハウス 担当者のコメント

今回、古畑先生から廊下を一直線に通してほしいというご希望がありました。今までの設計経験や知識では、限られた条件の中で合理的に部屋を広くとるには、廊下を最小限にする方がいいと考えていました。しかし、この“合理的”というのはこちらの都合であって、今回の計画における先生や奥様のご希望を実現するためには、合理的なだけではなく患者さんやスタッフへの配慮も大切な要素でした。廊下の考え方や、アロマランプを飾る棚の取り方など、ある意味住宅的な考え方でつくり、先生の強い決意 からこそ、ご満足いただけるクリニックを実現できました。クリニックという施設であっても、患者さんが落ちついて過ごせる空間をつくることが大事であるということを改めて考えさせられ、大変勉強になりました。

静岡支店 設計担当:加藤 尚二