八芳メディカルコミュニティ海老名

神奈川県

クリニックモール

診療科目: 2診療所(脳神経外科/リハビリテーション科・内科/小児科)+1調剤薬局

目標は、土地活用プラス社会貢献。
オーナーの課題を、
地域が求めるドクターの誘致で実現しています。

クリニックとしての清潔でモダンな印象を
街並に駐車場からバリアフリー動線のクリニックモール

新興住宅地の明るい街並に建つ「八芳メディカルコミュニティ海老名」。
その計画にあたって、積水ハウスは、白を基調とした外壁に切妻や片流れ屋根という、シャープでクリーンなデザインを提案。 2つの診療所と調剤薬局を一直線に結び、歩車分離の機能的な動線としました。 また、電線など各種引込み線を地下に埋設。 さらに、駐車場を囲む植栽を施し、周辺エリアと緑の連続性を持つ端正なたたずまいを実現。 駐車場からエントランス、診察室までをフラットに仕上げて、車椅子でもスムーズに出入りできるバリアフリーを実現しています。

ハード・ソフト両面にわたるノウハウで
地元への貢献と事業性を両立

オーナーの「地域に役立つ事業で安定的な資産活用を」というご希望にお応えするため、綿密な診療圏調査を実施。診療科目の組み合わせは、半径1~2km圏の競合状況を見据えて提案しました。 また、モール全体のゾーニングから、事業の収支計画まできめ細かなコンサルティングを行いながら計画を進行。 一方、建築プランについてはドクターそれぞれの診療スタイルを実現するため個別に打ち合わせを重ね課題をひとつひとつクリア。 こうして、街の医療機関の要となる「西志津クリニック・ビレッジ」が誕生したのです。

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

これまでさまざまなオーナーの土地活用をお手伝いしましたが、O様ほど積極的でいろいろなアイデアをお持ちの方はいらっしゃいませんでした。 事業をまとめていく積水ハウス・協力スタッフにとっても、その分各々が勉強となり、充実した仕事となりました。

厚木綜建営業所 営業担当:渡辺 高彦