青山内科・眼科クリニック

新潟県新潟市

医院専用

診療科目: 内科 / 循環器内科 / 眼科

内科と眼科が連携した医師3人体制で、
地域に密着した開業医として、住民の健康に寄与する道を選択。

医師として地域住民の健康を守りたい。
その想いが、開業へと背中を押した。

青山内科・眼科クリニックでは、地域密着型の開業医として住民から厚い信頼を寄せられています。開業の1年ほど前までは、開業する意志は全くありませんでした。

ところが近くで開業していた医師が急逝したため、地域の患者さんが行き場を失ってしまったのです。「地域に困っている患者さんがいることを知ったとき、地域に密着した開業医として貢献していく道があることに気づかされました」と語る奥様。

当時は3人とも勤務医として働いていましたが、地域の患者さんのことを考えると、内科・循環器内科を専門とする若先生とお父様、そして眼科医の奥様、医師 3人体制で開業するのがベストだという判断に至りました。

こうして、幹線道路に面してバス停や JRの駅も近いという好立地に、内科と眼科それぞれの診療はもとより、両科の連携によって高血圧や糖尿病の合併症治療もスムーズに行えるクリニックが誕生したのです。

設計概要

用途:医院専用

敷地面積: 1322.21㎡

1F床面積: 334.34㎡

2F床面積: 123.84㎡

延床面積: 458.18㎡

駐車場台数: 31台

蓄電池・ソーラーシステム導入

担当支店

新潟支店

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

先生方のご自宅を建てたときからのご縁で、お声掛けいただきました。ご自宅をつくる際にじっくり時間をかけて検討し、みなさんのお好きなテイストが分かっていたので、クリニックのイメージはすぐに共有することができました。初めての打ち合わせから1年で開業できたのは、先生方の素晴らしい感性と行動力、決断力があったから。多いときには週に1・2回の打ち合わせを重ね、みんなが一丸となって作り上げました。今でも私たちをチームと呼んでくださっているのが、嬉しいですね。私の家族も親子三代で青山内科・眼科クリニックの大ファン。患者としてもお世話になっています。

営業担当:丹羽 隆夫

各室の配置やインテリア、外観や植栽にいたるまで、お三方それぞれにこだわりを持たれていました。それを惜しみなく伝えてくださるので、みなさんの想いを形としてまとめることに注力できたと思います。また、太陽光発電や蓄電池、医療用加湿器の導入など、先生からチャレンジングなご要望があったので、勉強しながら新しい取り組みに挑戦させていただくことができました。私どもがこれまでの経験で培ってきた理に適った動線計画に、先生方の想いと洗練されたセンスが加わることで、これまでになかった新しいクリニックをつくることができたと思います。

設計担当:杉山 和宏