積水ハウスのトータルサポート

開業地の選定

経営方針に基づいて、周辺環境・立地、必要な土地の広さなどの視点から
最適な開業地を選定していきます。
できれば、不動産業者などに任せきりにせず、自分の足で候補地周辺を見ることもおすすめします。


駅前や住宅地などの立地条件や、充実した医療を提供するために必要な広さなどを検討。
特にビル診など建物を借りて開業する場合、最低面積を明確にして選定することが大切です。

土地選びのポイント

遠隔地での開業

医療を取り巻く環境が変化するなか、UターンやIターンによって勤務地から遠く離れた土地で開業されるドクターも多くおられます。一方、開業地の情報が得にくい、開業地まで目が届かないといった不便が生じることもあり、広域のネットワークを持つ不動産業者や建築業者を選ぶことが重要です。


投資できる資金との兼ね合いから、土地購入か借地にするのかも検討が必要です。
「土地を手放したくない」というオーナーさまでも借地なら承諾いただけるケースもあり、様々な交渉方法が考えられます。


建物を建築する際には、都市計画法や建築基準法など様々な法的規制が関わってきます。特に市街化調整区域の場合、安いからといって飛びつくのは禁物。医院や調剤薬局の建築が可能か確認しておきましょう。


安定経営に不可欠な集患の見通しを立てるためには、診療圏調査が有効です。
候補地の人口や年齢構成、受療率などを分析して、見込み患者数を定量的に推定。競合医院数はもちろん、人や車の流れなども調査し、定性的な解析を加えていきます。