グループホームこころ春日井

愛知県

事業者様/株式会社アバンセライフサポート様

グループホーム

同じ敷地内の医院や薬局と連携しながら、
地域に根ざした介護サービスを。

介護事業を幅広く展開されている事業者様と土地オーナー様を、積水ハウスがマッチング。グループホームと老人ホームを中心に医院や薬局も招致し、医療・介護複合型「メディカルケアセンター春日井」が生まれました。

設計概要

開所年月: グループホーム2011年4月
住宅型有料老人ホーム2011年6月
タイプ: グループホーム(2ユニット18室)、
住宅型有料老人ホーム
定員: グループホーム18人、
住宅型有料老人ホーム48戸
敷地面積: 4185㎡
建築面積: 274.69㎡
1F床面積: グループホーム260.57㎡
2F床面積: グループホーム260.57㎡
延床面積: グループホーム521.14㎡
住宅型有料老人ホーム1726.29㎡
用途地域: 第一種住居地域
建物型式: グループホーム クラヴィエT
(2階建て)、
住宅型有料老人ホーム ベレオ
(3階建て)、
診療所 クラヴィエ(平屋)
インテリアからも自立を促す、 グループホーム「こころ春日井」。

医療と介護が一体化した複合施設は、愛知県下では初。入居者の方の調子が悪くなった時は、隣接の医院ですぐに受診でき、「安心感が違う」とご家族からも好評だとか。和気あいあいとしたグループホームは常に満室で、開放的なリビングはいつも入居者様や面会に来られるご家族で賑わっています。インテリアは、シンプルな中に温もりを感じさせる雰囲気。トイレの天井などに色柄の違うアクセントクロスを貼り、脳を刺激するといった工夫も施されています。

メリハリのある暮らしを叶える、老人ホーム「四季彩 春日井」。

老人ホームでは「"新しい私の家"と言ってもらえるホームづくり」をめざし、空間のゾーニングに配慮。居室ゾーンと食堂ゾーンを明確に分けることでメリハリのある生活が送れ、入居者のプライバシーも保たれます。共用のリビングは、入居者1人あたりの法定基準値を大幅に超える広さ。1階の浴室では機械浴も利用でき、身体の不自由な方でも移乗して浴槽にゆったりと浸かることができます。

事業者様からのメッセージ

両施設ともリビングの開放感にこだわりましたが、高い天井高の確保は積水ハウスだから実現できたこと。快適な環境とスタッフの介護の甲斐あってか、入居されてから徘徊頻度が大幅に軽減された方もおられ、ご家族から感謝されています。

株式会社アバンセライフサポート 住宅型有料老人ホーム 春日井 施設長 渡邊 康人様