尾道いちょうの樹

広島県

事業者様/山源山乃花株式会社様

サービス付き高齢者向け住宅 + 定期巡回・随時対応型訪問介護看護等

慣れ親しんだ海の風景と共に暮らせる
地域に根差した介護拠点。

地元で水産会社を経営されるオーナー様。事業の複合による安定化と社会貢献の両立を考えられ、サービス付き高齢者向け住宅の運営を計画されました。医療介護分野の事業には初めて取り組まれることから、市場調査や経営計画などについても積水ハウスが全面的にバックアップ。 入居者の方々に、安心・快適な暮らしを提供する介護拠点となっています。

高齢者向け住宅
(19.25㎡ ~ 43.00㎡)

設計概要

開所年月: 2014年6月
タイプ: サービス付き高齢者向け住宅、
デイサービス、訪問介護事業所、
訪問看護事務所、居宅介護支援事業所、
定期巡回随時対応型訪問介護看護
定員: 27戸(デイサービス利用定員 15人)
敷地面積: 1,417.00㎡
建築面積: 647.86㎡
1F床面積: 619.66㎡
2F床面積: 611.66㎡
延床面積: 1,231.32㎡
用途地域: 第一種住居地域
建物型式: セレブリオ(2階建て)
介護と看護の連携強化で入居者の安心を高め、
事業の安定化を実現。

当施設では、デイサービスや訪問看護など複数の事業を組み合わせ、さらに定期巡回・随時対応型訪問介護看護の指定も取得しています。包括的できめ細やかなケア体制を整えることで、入居者により安心できる環境を提供でき、事業の安定性も向上。自宅指向の強い地域にありながら多くの方に支持され、ほぼ満室状態が続いています。

「住み手」の視点で住まいとしての快適さを徹底。

オーナー様の「自分が暮らしたい、親を住まわせたい」と思えるような、という住み手視線のご要望から、共有スペースの明るさや広さ、居室の居心地のよさを実現。2階の食堂は、FIXサッシを組み合わせることで足元までの開口を実現。目の前いっぱいに尾道の海の風景が広がります。広い廊下も間接照明でやさしい明るさに。随所に取り入れたアクセント壁も、住まいとしての趣を高めています。

細やかなケアにつながる効率的なスタッフ動線。

スタッフは、ヘルパー、看護師、理学療法士、厨房スタッフを合わせて延べ24人にのぼります。こうしたスタッフにとっての業務の負担をできるだけ軽減するために、常駐する事務所から各居室や食堂、デイルームや浴室などへ、最短の動線を設計。互いに連携し、活き活きと元気に働ける環境が、細やかなケアにもつながっています。

ゆとりあるデイルームでは、充実したリハビリを実践。

入居者の多くは、併設のデイサービスを利用されます。75㎡超の広々としたデイルームは、海の眺めと充実の機能を備えた快適な空間。「日常生活動作(ADL)の機能を維持し、健康に暮らせるようにすることが介護の基本」との考え方から、常駐する理学療法士によるリハビリも行っています。

事業者様からのメッセージ

建物だけでなく運営全般について細部まで積水ハウスに相談できたことが、事業を始めるにあたっての大きな安心になりました。ご入居者・ご利用者に気持ちよく過ごしていただける場所をつくることができたと思います。介護事業の基本に忠実に取り組みながら、永く地域とともに歩んでいけるような運営をしたいと考えています。

山源山乃花株式会社 代表取締役 木曽 量之様