積水ハウス株式会社
資料請求
来場予約
  1. グランドメゾンTOP
  2. 関西エリア情報
  3. グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE
  4. STRUCTURE
竹中工務店の「スーパーフレックス構造」と「免震工法」を採用した、先進の超高層タワーレジデンス。

竹中工務店の「スーパーフレックス構造」と「免震工法」を採用した、先進の超高層タワーレジデンス。

イメージ
イメージ

イメージイラスト

免震構造の設計

それぞれの部材は、建物の荷重を支えたり変形することによって地震エネルギーを吸収したりするなど役割に応じて適切に配置されます。

すべり支承

「すべり材」が、特殊なコーティングまたは研磨加工された「すべり板」の上をすべることにより、免震建物の変形に追従し、地震の揺れを建物に伝えにくくします。 すべり支承

イメージイラスト

積層ゴム支承

ゴムと鋼板をサンドイッチ状に積み上げた積層ゴム支承。建物の重量を支えながら、横方向には柔らかく動くことができ、地震時のエネルギーを低減させます。 積層ゴム支承

イメージイラスト

オイルダンパー

鋼製シリンダーに内封された油の流体抵抗力を制御力・減衰力に利用。建物の揺れに合わせてピストン運動することで地震エネルギーを吸収し、過大な変形を抑える働きがあります。 オイルダンパー

参考写真

免震構造の設計

免震構造の考え方

通常の耐震設計の場合大きな地震があって建物の骨組みにある程度の損傷が生じても人命は守られるようになっています。しかし、地震エネルギーが直接、建物に伝わってくるため、建物の外装部材や、室内の家具などが被害を受けることになってしまいます。これは、耐震設計が建物の損傷よりも人命保護に重きを置いたためといえます。しかし、これでは人が守られても建物の状態や性能に大きな問題が発生してしまいます。免震構造では地震エネルギーを免震部材が吸収し、建物に伝わるエネルギーを低減させるため、人命はもとより、大切な資産である建物や家具などが受ける被害も軽減させるように考えられております。

イメージ

地震時における構造イメージイラスト

〈地震時における各構造の比較〉

■ 一般構造(耐震構造)

建物の硬さと強さで地震に抵抗

〈特 徴〉

  • 建物の骨組みが地震エネルギーをそのまま受ける。
  • 上階、下階とも小刻みに激しく揺れる。上階になるほど揺れが大きくなる。

■ 制震構造

建物内の制震部材(ダンパー)が地震エネルギーを吸収

〈特 徴〉

  • ダンパーが地震エネルギーを吸収するため、建物の損傷が抑えられる。
  • 耐震建物と同様、上階ほど揺れが大きくなるが、耐震構造に比べると揺れは小さい。

■ 免震構造

建物をアイソレーターで支持。アイソレーターで地震エネルギーを低減しダンパーで吸収

〈特 徴〉

  • アイソレーターが水平に柔らかく動き、ダンパーが地震エネルギーを吸収する。
  • 建物に伝わる地震の揺れを低減し、建物全体がゆっくりと揺れる。
  • 耐震・制震構造に比べ、建物の変形が少ない。
  • 上階、下階の揺れ方は殆ど差がない。
設計・施工竹中工務店

竹中工務店

その確かな技術と実績により、日本はもちろんグローバルに活躍する竹中工務店。「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念を貫き、住宅のみならず大規模な公共・商業施設に至るまで、お客様の期待に応える建築を提供してきました。今後も新たな建築の創造を通じて、理想の街づくりに向け、ダイナミックな活動を展開してまいります。

グランドメゾン新梅田タワーグランドメゾン新梅田タワー
2019年1月竣工

※掲載のイメージイラストは概念を示したものです。

ページ上部へ