メニュー
  1. HOME
  2. グランドメゾンとは
  3. 安心
安 心
家族全員にやさしい住まい。見た目の美しさだけでなく、住まう家族へのやさしさを持つ住まい。家族の変化をあたたかく支えていく生涯をみつめた設計を行っています。

街と人をつなぐ集住環境設計。

家族の誰もが街とふれあう時間を気軽に楽しんでいただくために、グランドメゾンのエントランスホールへの動線には段差解消のためのスロープを設けることを基本としています。またその他の部分についても、集住の共用空間を支障なくご利用いただけるように工夫を凝らします。エレベータについては、どなたでも手の届く高さに操作ボタンを配置するとともに、手摺を設けるなどの配慮をしています。(一部物件を除きます)
「一人ひとりの年齢差や身体的な条件の違いを、あたたかく支えたい」という積水ハウス・グランドメゾンの「生涯住宅思想」をひとつひとつ具体的な形にしてお届けします。

誰もが使いやすい設備機能。

積水ハウスでは、暮らしの中の様々な動作を洞察、分析し、その結果をすべての設備機能に反映させています。誰もが使いやすいように工夫を凝らしたユニットバスや無理のない姿勢で作業できるシステムキッチンなど、身体機能の変化にも対応。
また、お子様やお年寄りにも見やすく使いやすい大型スイッチプレートや防犯性に配慮したオートロックシステムの採用などもその一例です。グランドメゾンは、安全・安心を基本に家族一人ひとりにやさしい住環境を追求しています。

生涯をみつめた室内空間設計。

ポーチから玄関へ。そしてそれぞれの部屋や水周りへ。グランドメゾンの室内空間は、まず移動の障害となる無用な段差をなくすことをめざしています。また、玄関や廊下には、あらかじめ手摺り付け用の下地を設置。(一部物件を除きます)
さらに壁の芯から芯で最低壁芯1メートルの廊下幅をはじめ、各部屋やトイレなどのドアもゆったりとお使いいただける有効寸法を確保しています。しかも廊下側に開くドアでは、廊下に突き出たドアノブに引っ掛かったりしないよう、ドアを壁面からセットバックさせています。グランドメゾンは室内空間においても生涯住宅にふさわしい設計を基本としています。

ページ上部へ