豊かな緑で周辺環境に潤いをもたらし、街の資産となる賃貸住宅。
緑に包まれる「ローズガーデン」には、入居者様の笑顔があふれています。

オーナー様の建物への愛着が、
「街の資産」としての価値を育む

まるで一軒家のカフェのような佇まいの賃貸住宅「ローズガーデン」。この賃貸住宅のオーナーであるF様が、経営を始めるにあたり掲げられた目標は「入居者様にはもちろん、街にとっても資産となるような建物に」というものでした。そこで何よりも大切にされたのが、緑豊かな環境を作ること。「好きな家具や雑貨に囲まれるように、色とりどりの植栽に囲まれて心地よく過ごしていただきたい」というF様の思いによって育まれる、バラに彩られた癒しの庭は、今やこの地域に欠かせない景観になっています。

建物の建ち上がり部分を植栽がつつみこみ、表情豊かなファサードに。

植物が訪れる人を
やさしく迎えます。

バラを中心に、四季を通じて150種類もの草花が色とりどりの表情を見せてくれます。

手をかけて育てた植栽が、
入居者様の暮らしに潤いをもたらす

週末、庭のお手入れのために「ローズガーデン」を訪れるF様が目にするのは、「親子で草花を見ながら散歩されていたり、お花をバックにお子様の写真を撮ったり」という、入居者様の憩いのひとときです。この幸せな光景が日々この場所にあることは、入居率100%という事実からもうかがえます。道行く人がふと立ち止まり、季節ごとに表情を変えるこの庭を楽しんでいかれることも珍しくないそうです。

草花をきっかけに、入居者様とオーナー様が語らう時間も生まれているそう。

駐車場前のスペース。
キャンバスに見立てた白い壁に植栽が映えます。

通りすがりに車を止めて、思わず見入る方もいらっしゃるそう。

「好き」をたくさん散りばめて、
建物も憧れの英国風に

イングリッシュガーデンを思わせる植栽にぴったりの外構も「ローズガーデン」の魅力。「英国のコッツウォルズの村の建物のような雰囲気に憧れて」と、年を経る程に味が出るデザインに。「自分だったらこんな家に住みたい、建てて良かったと思える自分好みのデザインにしたくて」と、まるで自邸に対するこだわりのように、具体的な要望をお伝えになられたそう。そんな中、石畳の小径の提案には「もうイメージにぴったりで。ここに来るたびに眺めて、今でもうっとりしています(笑)」。誰よりもまず、F様がこの「ローズガーデン」を気に入っておられることがわかります。

英国のコッツウォルズを思わせる、石畳の小径。

オリーブの樹のそばに花かごをあしらって。

石材の表情がアクセントに。

こだわりのバラでしつらえた、オーナーさまの憧れのアーチ。

オーナーさまの繊細なこだわりを、
営業、設計、造園のチームワークで形に

「新築でも味わい深いテイストにしたい」、「イングリッシュガーデンのような植栽の使い方をしたい」など、F様は具体的かつ繊細なご要望をお持ちでした。営業、設計、造園担当の間で意見交換を重ねながら、英国風の建物・外構とイングリッシュガーデンに向いた植栽が、上手くバランスをもって調和できるように努め、F様が理想とされる「街の資産になる建物」としてふさわしい物件を目指しました。

本場英国でイングリッシュガーデンを見学されたこともあるF様は、憧れのイメージをしっかりとお持ちでした。

F様から届くお手紙。庭が成長していく様子を、写真と共に臨場感あふれる描写でお知らせくださいます。

物件データ

所在地:
階数:
構造:
商品名:
敷地面積:
1F床面積:
2F床面積:
設計・施工:

福岡県
2階
軽量鉄骨造
プロヌーヴU
607.94m²
199.86m²
198.1m²
北九州支店
積和建設九州株式会社