白い建物に色とりどりの草花が映える庭。
ゆるやかに時間が流れる「スローグリーンガーデン」には、遊びごころが散りばめられています。

「間取りの一部」だから、
家の中とのつながりを大切に

スローライフを求めて海の近い建築地を選ばれたI様。
「敷地が広いので、庭も間取りの一部に」と考え、「外にいるような雰囲気をリビングにいても楽しめる」、そんな住まいを夢見ておられました。そこで、リビング前の部分は盛土をして高さを出し、そこに芝生を配植。家の中にいるときは庭の、庭に出ているときは家の中の雰囲気を、一体感をもって感じられる空間が実現しました。

草花を身近に取り入れる暮らしを楽しんでおられるI様。

1、2階をつなぐ吹き抜けが、庭の空気感を室内の深くまで誘いこんでいます。

年月を経るほどに豊かに育ち、美しさを増す
石と草花で彩られた庭

「敷地が広くて、植える場所に悩んでしまって(笑)」。そこで作られたのが、一年草を植えられる細長い花壇。色とりどりの草花が、芝生の緑とあいまって美しい風景を見せてくれます。また、二本のモミジはご長女の誕生の記念で植えるなど、暮らしていくうちに少しずつ手を加えていかれ、今のお庭の形に。「お部屋の模様替えと同じ感覚ですね」とI様はおっしゃいます。石材の印象との対比で草花の柔らかさが際立ち、時間がゆるやかに流れるこのお庭には、I様の遊びごころが至るところに散りばめられています。

過ごしやすい晴れの日には、花壇手前のスペースにテントやビニールプールを広げることも。

竣工時のアプローチ。

低木と高木を組み合わせて配植した樹々が豊かに育ち、期待感あふれるアプローチに。

アプローチに付けたお子さまの足形。

コナラの下で、秋にはお子さまがドングリひろいを楽しみます。

砕いた石材をアプローチに添え、ほどよいラフ感を演出。

「気合いを入れずに少しずつ」
お手入れも、
お部屋の掃除をする感覚で

元々、ガーデニングに興味があったわけではなかったI様ですが、「庭が荒れていると家の中も荒れている気がするので」と、気になったときに、お部屋の掃除をする感覚でお手入れされています。花壇を賑わせる花々も、「好きなときに好きなものを植える」と気軽に植え替えを楽しまれる中で増えてきたもの。I様の飾らない感性を映すこの庭に惹かれて、まるでカフェを訪れるようにご友人が遊びにいらっしゃるそうです。

お手入れの負担が減るように、できるだけ乾燥に強い草花を選んでおられるそう。

シンプルな建物に映えるよう、
葉の形や色を種類豊かに使いました

植栽は、現場で高さや配置を調整し、緑のレイヤーでヴォリュームが出るように工夫しました。スローライフを求めて海の近くに家を建てられたI様の志向に合わせて、高さや固さのある建材は使わず、白い建物と緑が引き立つように床材はグレー系の石でまとめています。
(福岡シャーメゾン支店・伊藤恵美)

物件データ

所在地:
階数:
構造:
商品名:

敷地面積:
1F床面積:
2F床面積:
設計・施工:

福岡県
2階
木造(シャーウッド)
パーソナルオーダーメ
イドモダン
315.04m²
63m²
41m²
福岡シャーウッド住宅支店
積和建設九州株式会社