細い路地スペースを抜けて辿り着くのは、二世帯で共有する中庭。
光あふれるこの空間は、思わず息をのむ開放感に満たされています。

二世帯で共有する
プライベートな中庭

奥さま同士がご姉妹であるA様とT様のご一家。敷地を東西に分けて各々家を建てて暮らしたいというご要望の中、「普通の四角い家が二つ並ぶのはつまらない。お客様にちょっと驚きを与えるような家に」という妹様のご意見と、ご主人同士の仲も良いという点に着目し、設計担当者がご提案したのが「二世帯で共有する中庭」。細いアプローチを抜けて一歩足を踏み入れると、思わず息をのむ開放感に満たされます。

共有のアプローチは二棟に挟まれた路地スペース。

細い路地を抜けて辿り着く、二世帯で共有する中庭。

枝や葉を通してこぼれ落ちる光が、中庭をやさしく満たしています。

手前にA様邸、奥に見えるのはT様邸の玄関。

中庭が呼びこむ開放感は
極上の居心地

開放感いっぱいの中庭は、室内にも極上の居心地をもたらしています。

お姉様ご夫婦

「中庭のおかげで家の中はいつも明るくて、昼間は電気もあまりつけていません」と奥様。また、室内から眺める景色も心地良く、特に「上階から緑が見下ろせるのが気持ちいい」とご主人。葉や枝の揺れも格別とのことです。

妹様ご夫婦

奥様のお気に入りの場所のひとつは廊下。「廊下は普通は使えないスペースなのに、そこが子どもの遊び場にもなって、一つの部屋のように使っています。外で遊んでいるような開放感です」。ご主人も「最初は、中庭を作ることで住むスペースが狭くなると思っていましたが、むしろ逆で、庭があるから実際よりもずっと広く感じます」とおっしゃいます。

普通ならデッドスペースになる廊下も、絶好の遊び場に。

中庭に面する壁面は、1階から3階まで一枚ガラスの大きな窓をはめ込んで構成。

大きなガラス窓が、中庭の心地良さを室内に呼びこみます。

玄関の土間スペースやキッチンにも自然光がたっぷり注ぎます。

中庭を介して
柔らかく重なりあう、
2つの家族のおだやかな時間

共通の知人を招いてバーベキューをしたり、ビニールプールでお子さまと水遊びをするなど、中庭は、ときに二世帯のリビングのような空間にもなります。冬にはクリスマスツリーを置いたりして、お庭も生活の場所の一部として、家の中で過ごすように楽しんでいらっしゃるそう。庭から広がる暮らしの楽しみが、二世帯を柔らかくつないでいます。

緑あふれる中庭が、二世帯のつかず離れずの距離感を演出しています。

中庭に対して開くところと
閉じるところのバランスを大切にしました

中庭を介してオープンに建物が向き合う計画だからこそ、開くところと閉じるところのバランスを大切にしました。どの部屋から何が見えて、また何が見えてはいけないかなど、細かく打ち合わせを重ねながら、心地良く生活していただくための開き方を考えました。
(名古屋東支店アーキテクトデザイン室・加藤誠、青木篤典)

物件データ

所在地:
家族構成:

階数:
構造:
商品名:
敷地面積:
1F床面積:
2F床面積:
3F床面積:
設計:

愛知県
ご夫婦、長女
ご夫婦、長男
3階
重量鉄骨造(βシステム)
ビエナC3
265.68m²
48.76m²、61.31m²
55.46m²、63.01m²
45.56m²、47.41m²
名古屋東支店