本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ニュースリリースニュースリリース2012年

2012年6月14日

日本初、全戸に「エネファーム」を設置した分譲マンション
「グランドメゾン大濠Park」
「ダブル創エネ」で快適・省エネの暮らしを実現

 積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部 俊則)は、日本で初めて全戸に家庭用燃料電池「エネファーム」を設置し、建物屋上には太陽光発電システムを搭載した「ダブル創エネ」仕様の分譲マンション「グランドメゾン大濠Park」(所在地:福岡市中央区黒門、総戸数:9戸、以下「本物件」)を2012年5月末に着工しました。本物件は、当社の「グリーンファースト」の考え方を生かした環境配慮型の分譲マンションで、快適に暮らしながら電力の自給率を高め、昨今の節電対策にも貢献します。

 

 

「グランドメゾン大濠Park」の特長

 

  • 快適に暮らしながら節電対策にも貢献するグリーンファーストマンション
  • 全戸に「エネファーム」(日本初)、屋根には太陽光発電を搭載し「ダブル創エネ」を実現
  • 自然環境に恵まれた「大濠公園」に隣接し、全戸からパークビューを望める希少性の高い立地環境

ニュースリリース

  • Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧になるにはアドビ システムズ社より無償で配布されるAdobe Readerが必要です。