本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ニュースリリースニュースリリース2012年

2012年4月27日

3電池のスマートハウスを軸とするスマートタウンを全国に展開
仙台郊外に日本で初めて完成
「スマートコモンシティ明石台」まちびらき

 積水ハウス株式会社は、太陽電池・燃料電池・蓄電池の3電池とHEMS※1を搭載したスマートハウスを軸とする日本初のスマートタウン「スマートコモンシティ明石台」のまちびらき式典を4月27日(金)に執り行いました。

「スマートコモンシティ明石台」は、東日本大震災後に開発される宮城県内最大級の大型住宅団地であり、東北復興への一翼を担っています。まち全体で1年間に発電する電力量は、電力消費量の約1.7倍の2,508MWhと大幅に上回り、近隣世帯へ1,039MWhもの電力供給が可能な「まち全体が発電所」となります。まち全体で省エネ・創エネに取り組み、電気とガスのエネルギーミックスで光熱費を削減し、大幅な節電を実現します。

 本まちびらき式典において、当社代表取締役社長兼COO 阿部俊則は、東日本大震災以降のエネルギー問題に対し、「家庭部門でのエネルギー消費を抑えるためにはスマートハウスが非常に重要な役割を担う。さらにスマートタウンが各地に展開されることで、日本のエネルギー問題への解決策となるばかりでなく、新たなビジネスの創出や環境技術での国際競争力にもつながる。」と述べました。

 「スマートコモンシティ明石台」の軸となる「グリーンファースト ハイブリッド街区」の見学会では、「グリーンファースト ハイブリッド」住宅の特長や仕組みをご説明しました。その後、災害などの停電時に蓄電池がどのように機能するかを実際にご覧いただくため、停電時を再現して、自動的に3電池による電力供給システムに切り替わり電気が復旧する停電自動復旧実験を実施いたしました。

当社はスマートハウスのリーディングカンパニーとして、今後「スマートコモンシティ明石台」を起点に、「スマートコモンステージけやき平」(茨城県古河市けやき平)、「アイランドシティ照葉のまち」(福岡県福岡市)、「(仮)ちはら台」(千葉県市原市)、「スマートコモンステージ瀬谷本郷」(神奈川県横浜市)、「スマートコモンステージひかりが丘」(千葉県四街道市)など、全国各地にスマートタウンを展開予定です。
今後も環境に配慮しながらエネルギーの自立を図り、安心で豊かな暮らしを実現する持続可能なまちづくりに取り組んでまいります。

※1Home Energy Management System。経済産業省「エネルギー管理システム導入促進補助金(HEMS導入事業)」で補助対象に採択。

ニュースリリース

  • Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧になるにはアドビ システムズ社より無償で配布されるAdobe Readerが必要です。