平成13年4月11日

環境・省エネルギー賞
積水ハウスの石田邸が
国土交通大臣賞受賞

 

 

 先日行われた財団法人 建築環境・省エネルギー機構主催の第5回環境・省エネルギー住宅賞において、積水ハウスの「石田邸(I-HOUSE)」が最高の国土交通大臣賞を受賞しました。
 この賞は、環境負荷低減、省エネルギー等に関し工夫された住宅を対象として2年に一度公募されているもので、今回は全国から64件の応募があり、計15件が受賞しました。尚、大手住宅メーカーの大臣賞受賞は、これが初めてです。


I-HOUSE外観


中庭(デッキ)

寝室

 I-HOUSEは、自然を活用しながら、高齢者が健康・快適で長生できることをコンセプトに設計され、積水ハウスの木造住宅のシャーウッド エム・アルバーノをベースに実験的に特殊な高断熱・高気密仕様としています。この結果、いつでも何処でも快適な全室終日冷暖房を行いながら、冷暖房用エネルギーを一般家庭の約6割に抑えており、これが高く評価されました。
 住み心地は、「冬には毎年のように肺炎を患っていた75歳を超える父が、この家で生活を始めてから風邪もひかずに健康に過ごしている」、「夏には、冷房嫌の父と暑がりの母が、エアコンのON/OFFでよく喧嘩をしていたのが、やさしい冷房で仲良く過ごしている」など快適で健康な住み心地を実現しています。

概要
建設地:東京都
建物構造:シャーウッド構法(木造)、2階建て
延床面積:121.75m2
敷地面積:155.40m2

関連情報:財団法人 建築環境・省エネルギー機構


I-HOUSEに関するお問い合わせはこちら