Sekisui House News Release

2009年3月26日

 
「エコ・ファースト企業」として
快適で経済性が高く、環境にやさしい暮らしをお届けする住宅
「グリーンファースト」を販売開始

 

 積水ハウス株式会社は、2009年3月26日(木)より、お客様の「快適性」「経済性」「環境配慮」のニーズにお応えする環境配慮型住宅「グリーンファースト(※)」の販売を開始します。

 

 「グリーンファースト」は、「エコ・ファースト企業」である当社が、日本で最も多くの住宅を提供する業界のトップランナー企業としての社会的責任を踏まえ、快適で光熱費を抑えられるとともに、居住時におけるCO2排出量を大幅に削減し、温暖化防止に貢献する環境配慮型住宅の総称です。具体的には、通風・陽射しなどをうまく活用した空間設計や周りの自然との共存を目指す庭づくり「5本の樹」計画等の提案に加え、建物外観のデザイン性を損なわない瓦一体型の太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池エネファームを搭載した住宅を「グリーンファースト」とするものです。

 低炭素社会の実現に向け、当社は、この「グリーンファースト」を戸建住宅及び賃貸住宅における最も環境対策レベルの高い住宅モデルと位置づけ、お客様に快適な暮らしを提供するとともに居住時に排出されるCO2と光熱費を抑え、環境対応の一層の向上を図ります。

「グリーンファースト」のポイント

(1)お客様の「快適性」「経済性」「環境配慮」のニーズにお応えする「グリーンファースト」
(2)先進のエネルギー機器である太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池エネファームを搭載
(3) 鉄骨戸建住宅、木造戸建住宅「シャーウッド」における「グリーンファースト」モデル
(4)賃貸住宅「シャーメゾン」における「グリーンファースト」モデル
(5)当社が長年培ってきた環境技術を商品に反映し「グリーンファースト」として提供 

(※)「グリーンファースト」は、積水ハウス株式会社の商標です。


(1)お客様の「快適性」「経済性」「環境配慮」のニーズにお応えする「グリーンファースト」

当社は、お客様のニーズに合わせ親自然な空間設計と高度な省エネ・創エネ技術を組み合わせることで、快適に暮らしながら居住時のCO2排出量を削減し、光熱費も抑えられる「CO2オフの暮らし(※)」を提案しています。この「CO2オフの暮らし」をより高いレベルで実現する環境配慮型住宅の拡販を図るため、 当社は自社の鉄骨戸建住宅、木造戸建住宅「シャーウッド」、賃貸住宅「シャーメゾン」において、太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池エネファームを搭載する住宅を「グリーンファースト」と位置づけます。

(※)「CO2オフの暮らし」は、積水ハウス株式会社の登録商標です。

 

「グリーンファースト」では、お客様の暮らし方やニーズに合わせ、オール電化仕様または電気ガス併用仕様の住宅(賃貸住宅についてはオール電化仕様のみ)を提案します。

オール電化仕様の住宅では太陽光発電システムを搭載し、電気ガス併用仕様の住宅では太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池エネファームを搭載することを推奨します。

さらに、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファームの両方を搭載し、居住時のCO2排出量をほぼゼロにする住宅を「グリーンファースト プレミアム」とします。

(2) 先進のエネルギー機器である太陽光発電システムまたは家庭用燃料電池エネファームを搭載

◇景観にも配慮した瓦一体型の太陽光発電システム

クリーンな太陽エネルギーにより電気をつくり出し、CO2排出量の削減に大きく貢献します。
また、当社は周辺の街並みにも調和する瓦一体型の太陽光発電パネルを主に採用しているため、建物外観の美しいデザインを損ないません。当社の太陽光発電システム搭載住宅における瓦一体型の太陽光発電パネルの割合は8割を超えています。
(屋根形状によっては設置できない場合があります)

◇家庭用燃料電池エネファーム

都市ガス等から水素を取り出して空気中の酸素と反応させることにより電気をつくり出し、発電の際に発生する熱を利用して同時にお湯もつくる非常に高効率なシステムです。
(地域によっては設置できない場合があります)

瓦一体型太陽光発電パネル

家庭用燃料電池エネファーム

(3)鉄骨戸建住宅、木造戸建住宅「シャーウッド」における「グリーンファースト」モデル

◇親自然で環境に配慮した設計提案

当社では従来より、地域の自然と共存する庭づくりを提案する「5本の樹」計画や、通風・陽射しなどの自然を上手に活用した空間設計等を行うことにより、快適でしかも自然環境に配慮した住まいを提供してきました。

通風に十分に配慮した開口部の設置や軒の出を確保することにより、光や風の出入りをコントロールする設計の工夫や、敷地内に樹木を効果的に配置することにより、夏場の強い陽射しを遮り、冬場は陽射しを室内に取り込むなど、親自然で環境に配慮した設計を提案します。

◇快適な暮らしとCO2排出量の大幅な削減を可能にする高度な省エネ・創エネ技術

「グリーンファースト」では、太陽光発電システムや家庭用燃料電池エネファーム以外にも、CO2排出量を削減し快適な暮らしを提供するための様々な環境技術を提案します。

住宅全体の断熱仕様については、当社が全ての戸建住宅で標準採用している次世代省エネルギー基準をクリアする断熱仕様をさらにアップグレードした次世代省エネアップグレード仕様を提案し、快適性の向上はもちろん、冷暖房に伴うCO2排出量と光熱費を軽減します。
また、オール電化住宅には、安い深夜電力を利用することで一般的な電気温水器に比べ約3倍も効率よく貯湯できるエコキュート、電気ガス併用住宅には、ガスエンジンを回して自家発電し、その熱でお湯もつくる高効率なエコウィルを提案し、高い省エネ性を実現します。
その他、長時間にわたりお湯が冷めにくい保温浴槽や、使用時のみ便座とシャワーを温めてエネルギー消費を抑える省エネ多機能便座、エネルギー効率の高い蛍光灯・LED照明やエアコンを提案します。

「イズ オーダー グリーンファースト」
(鉄骨戸建住宅モデルの一例)

「シャーウッド グリーンファースト」
(木造戸建住宅モデルの一例)

◇先進の省エネ・創エネ技術により年間の光熱費・CO2排出量を大幅に削減

<オール電化住宅の場合>

太陽光発電システム(4kW)、次世代省エネアップグレード仕様、高効率給湯器エコキュート、保温浴槽、省エネ多機能便座、蛍光灯・LED照明等を組み合わせ、光熱費を大幅に削減するエコノミーライフを提案することにより、一般的な住宅と比べCO2排出量を約81%削減し、年間の光熱費を約244,000円節約します。(年間の光熱費は17,900円、年間のCO2排出量は784kg-CO2。)

<電気ガス併用住宅の場合>

太陽光発電システム(4kW)、次世代省エネアップグレード仕様、高効率給湯器エコウィル(ミストサウナと床暖房は必須)、保温浴槽、省エネ多機能便座、蛍光灯・LED照明等を組み合わせ、快適なエコロジーライフを提案することにより、一般的な住宅と比べCO2排出量を約78%削減し、年間の光熱費を約165,000円節約します。(年間の光熱費は97,100円、年間のCO2排出量は918kg-CO2。)

さらに、太陽光発電システムを4.86kWに増設し、エコウィルを家庭用燃料電池エネファームにグレードアップした場合(グリーンファースト プレミアム)は、CO2排出量をほぼ100%削減し、年間の光熱費を約215,000円節約することができます。(年間の光熱費は46,900円、年間のCO2排出量は0kg-CO2。)

上記試算は、東京エリアに建つ延床面積155㎡の2階建住宅、4人家族を前提に行いました。一般的な住宅は、1980年代に建てられた旧省エネルギー断熱基準相当の木造住宅で、暖房の一部を灯油ファンヒーターにより暖房するものとしました。一般的な住宅の年間光熱費は262,500円、年間のCO2排出量は4,100kg-CO2

 
 

(4)賃貸住宅「シャーメゾン」における「グリーンファースト」モデル

IHクッキングヒーターと高効率給湯器エコキュートを備えたオール電化仕様、さらに太陽光発電システムを組み合わせることにより、安心・快適な暮らしと、光熱費・CO2排出量をともに大幅に削減することが可能です。しかも、太陽光発電システムについては、建物外観のデザイン性を損なわない瓦一体型の太陽光発電パネルを採用(勾配屋根の場合)しているため、街並みと調和し、周辺の物件との差異化を図ることでオーナーの堅実な賃貸経営をサポートします。

また、太陽光発電システムで発電した電気を各住戸に配分し、住戸ごとに利用できるようにすることで、入居者にとっては発電した分だけ光熱費が軽減でき、昼間の余った電気を売電することも可能です。(各電力会社との協議が必要となります)
その他、消費電力が少ない蛍光灯・LED照明や、遮熱断熱複層ガラス・エアタイト断熱アルミサッシを用意し、省エネ・省コストで快適な暮らしを提案します。

さらに、これらの入居者メリットを家賃設定に反映させることにより、オーナーにとっては収益力アップにつながります。

2階建ての賃貸住宅においてCO2削減のシミュレーションをした場合、1980年代に建てられた一般的な賃貸住宅と比べ、年間のCO2排出量を約64%削減できます。なお、年間の光熱費は1戸当たり約110,000円節約することができます。
(年間の光熱費は、1戸当たり21,100円、年間のCO2排出量は、1戸当たり768kg-CO2。)

上記試算は、東京エリアにおける1棟4戸、延床面積219㎡の2階建賃貸住宅、夫婦共働きで子どもが1人という家族構成(1戸当たり)を前提に行いました。1980年代に建てられた旧省エネルギーIV地域基準の賃貸住宅との比較で、太陽光発電は1戸当たり2.29kWの設定としました。1980年代に建てられた賃貸住宅の年間の光熱費は、1戸当たり131,700円、年間のCO2排出量は、1戸当たり2,129kg-CO2

 

「シャーメゾン グリーンファースト」(賃貸住宅モデルの一例)

(5)当社が長年培ってきた環境技術を商品に反映し「グリーンファースト」として提供

積水ハウスは、1999年に「人・街・地球」の調和を目指して「環境未来計画」を宣言して以来、快適で環境にやさしい住まいを提供するとともに、持続可能な社会の構築に寄与してきました。地球温暖化の原因の一つとされるCO2排出量の削減はもちろん、通風や陽射しを上手に活用した親自然で環境に配慮した設計提案や周りの自然との共存を目指す庭づくり「5本の樹」計画、工場や施工現場で発生する廃棄物のゼロエミッションなど、本業の住宅事業を通じて様々な環境配慮活動を積極的に推進しています。

そして、2008年6月にはこれらの活動の功績が認められ、業界で初めて環境省から「エコ・ファースト企業」としての認定を受けました。当社はこれまで培ってきた環境技術を住宅商品に反映し、「グリーンファースト」として提供するとともに、今後も環境保全に対する取り組みをさらに推進してまいります。

(※)1990年に当社が建築した戸建住宅を基準とした年間のCO2排出量の削減率(当社の試算による)。

 
 

グリーンファーストの商品サイトは こちら

 
 

<本件お問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。