Sekisui House News Release

 
平成17年11月1日

自然環境との共存と快適な暮らしを両立させる住まいづくり

積水ハウスのエコライフモデルシリーズ
サステナブル社会の実現に向けた具体的取り組み

 積水ハウス株式会社は、環境に配慮した住まいを提供することが、将来にわたり健康で快適に暮らせる社会の実現につながるという考えのもと、地球環境への負荷が少なく、住む人が健康で快適に暮らせ、地域の自然環境とも調和できるエコライフモデルシリーズを平成17年11月4日(金)に発売します。

 

 

 

 現在、地球環境を考えるうえで大きな課題となっているのが、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素排出量の削減です。住宅の建築から解体・廃棄までに排出される二酸化炭素のうち、約70%は居住時に排出されることから、居住時の二酸化炭素の排出量をいかに抑えられるかが地球温暖化対策の重要な要素となります。
 当社は、これまでも業界に先駆けて住宅における環境負荷低減に積極的に取り組んでまいりました。全ての住宅で「遮熱断熱ペアガラス」(平成12年)、次世代省エネルギー仕様(平成15年)の標準化、「省エネ・防災住宅」(平成16年)の販売、「生産工場でのゼロエミッション」(平成14年)、「新築施工現場のゼロエミッション」(平成17年7月)の達成など、様々な分野で地球環境にも住む人にもやさしい取り組みを行い、今後もその姿勢は変わることはありません。
 当社は、日常の暮らしの中で、二酸化炭素排出量削減をはじめとする環境への負担を少しでも軽減する活動を行うことが、将来にわたって全ての人々が健康で快適に暮らせる社会の実現につながると考えます。持続可能な社会の実現に向け、当社はこの思想を社会に強く訴えると共に、具体的な販売施策に転換した環境配慮型商品として、このたびエコライフモデルシリーズを発売します。エコライフモデルシリーズは地球環境への負荷が少なく、住む人が健康で快適に暮らせ、しかも地域の自然環境とも調和できる住まいの提供を目指し、単に省エネ性能の高い設備機器を提案するだけでなく、光の採り入れ方や風の通り抜けなどを意識したプランニングや屋内と屋外をつなぐ中間領域として中庭や土間を生かした設計などを総合的に提案しています。
 当社は、このエコライフモデルシリーズを通じ、地球環境はもちろん、地域にも住む人にも喜ばれる、快適なエコライフを実現する住まいを提供し、これからも持続可能な社会の構築に寄与する「住環境創造企業」を目指します。

エコライフモデルシリーズの特長

エコライフモデルシリーズでは、“省エネルギー”“資源の有効活用”“環境親和”“健康快適・安全安心”の4つのテーマを掲げ、それぞれのテーマに沿った設備や仕様、プランニングを組み合わせた提案を行います。太陽光などの自然エネルギーを有効に利用しながら自然と上手に付き合い、快適なエコライフを実現したいというお客様の要望を、当社が住まいづくりの基本としている「邸別自由設計」と環境に配慮した省エネ設備、外構計画等を総合的に提案することで実現します。
エコライフモデルシリーズは、当社の「ビー フリー」(軽量鉄骨造2階建住宅)、「シャーウッド」(木造軸組2階建住宅)シリーズ、「ジオトリステージ」「ビエナ」(重量鉄骨造3階建住宅)の商品において展開します。

 

全ての戸建住宅において「次世代省エネルギー基準」を標準仕様でクリア

当社は平成15年8月より、全ての戸建住宅において最も高度な断熱基準である「次世代省エネルギー基準」をクリアする独自の「次世代省エネルギー仕様」を標準設定しています。優れた断熱性能・気密性能により、冷暖房効率を高め、エネルギー消費を大幅に削減しながらも、夏は涼しく、冬は暖かな室内環境を実現します。

エコロジーでエコノミーな太陽光発電システムを標準搭載

電力を自給することで光熱費を大幅に削減すると共に、余った電力は電力会社に売ることも可能です。デザイン性に優れた瓦型太陽電池モジュールを採用(フラット屋根については陸屋根設置型太陽電池モジュールを標準採用)し、建物外観のシルエットを損なわないように配慮しています。また、省エネナビ付きカラー電力モニターで現在の発電量や電力消費量など、家全体の省エネ情報を確認することができます。

太陽エネルギーを効率的に利用できるオール電化

オール電化仕様を標準とすることで、太陽光発電システムで発電した電力を効率的に使うことが可能です。高効率電気温水器「エコキュート」の消費電力は従来の一般的な電気温水器と比べ約1/3と、大幅な省エネ・省コストにつながります。(オプションでガス併用にした場合は、高効率ガス給湯器「エコジョーズ」「エコウィル」を用意しています)

お湯を長時間保温できる省エネ浴槽

浴槽は二重の断熱材で包み込み、浴槽のフタにも断熱性に優れたフタを採用した省エネ浴槽を標準搭載することで、浴槽のお湯の温度を長時間維持します。寒い冬でも42度のお湯が6時間経過後に約2度程度しか下がらず、エネルギーやコストを軽減することができます。

大幅な水の節約につながる食器洗い乾燥機

使用する水を大幅に節約できる食器洗い乾燥機(標準仕様)は、環境にやさしく、ランニングコストも抑えられます。また、雨水や浴排水をトイレなどの生活用水としてリサイクル可能な「雨水タンク」、「浴排水リサイクルシステム」も用意しています。

耐久性に優れた構造躯体

住まいの長寿命化は、限りある資源を無駄にしないという意味で非常に大切な要素です。当社の住宅は、鉄骨系・木造系問わず、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)の「構造の安定」では標準仕様で最高等級に対応しています。

最先端技術の光触媒を使った外壁「光触媒エコサイディング」を用意(「シャーウッド エコライフ」のみ)

光触媒作用で発生した活性酸素が外壁表面の汚れを分解し、雨で洗い流します。自然の力を利用していつまでも清潔感のある外観が維持でき、しかも耐候性に優れているためメンテナンスに手間がかかりません。

屋内空間と屋外空間をつなぐロジアや屋上緑化の提案

屋外からの視線を遮り、プライバシーを確保しながら自然の光や風を屋内に取り込める半戸外空間「ロジア」や、屋上やバルコニーでの緑化スペースなど、自然に親しめる空間を提案します。また、吹き抜けや窓の配置を工夫することで、水平方向だけでなく垂直方向にも通風を確保するプランニングや、庇を長くし、庭に落葉樹を植えることで、夏は強い陽射しを遮り、冬は暖かな陽射しを取り込む設計配慮など、快適な暮らしを実現するための工夫を提案します。

地域の気候や風土にあった樹種を植える「5本の樹」計画

当社では、地域の気候や風土にあった樹木を厳選し、「3本は鳥のために2本は蝶のために」という思いを込めた「5本の樹」計画を提案しています。地域の植生を生かした樹種を植えることにより、庭に鳥や蝶が集まる小さな森(里山)を再現することで、地域の生態系を守り、周辺の環境にも調和します。

業界トップレベルの健康配慮

内装仕上げ材や天井裏等に用いる建材には、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドの発散量をできる限り抑えた建材を採用し、業界トップレベルの健康配慮を行っています。

住む人の安全・安心を考えた設備仕様

1階の全窓と2階のバルコニーに面する窓には「遮熱断熱・防犯合わせ複層ガラス」を、玄関と勝手口には1キー2ロック錠を標準採用するなど、質の高い防犯設備を提案します。

●『ビー フリー エコライフ』の概要

発売日平成17年11月4日(金曜日)
構造軽量鉄骨造2階建(又は平屋建)
プラン自由設計(基本提案20プラン)
販売地域全国(断熱地域区分1・2地域を除く。積雪150cm超の地域及び沖縄県を除く)
販売目標棟数50棟/月

 

●『シャーウッド エコライフ』の概要

発売日平成17年11月4日(金曜日)
構造木造軸組2階建(又は平屋建)
プラン自由設計(基本提案20プラン)
販売地域全国(断熱地域区分1・2地域を除く。積雪150cm超の地域及び沖縄県を除く)
販売目標棟数30棟/月

 

●『ビエナ&ジオトリステージ エコライフ』の概要

発売日平成17年11月4日(金曜日)
構造重量鉄骨梁勝ちラーメン構造3階建
プラン自由設計(基本提案10プラン)
販売地域全国(断熱地域区分1・2地域及び多雪地域を除く。積雪50cm超の地域及び沖縄県を除く)
販売目標棟数20棟/月

※販売価格については、最寄の営業所にお問い合わせ下さい。

最寄の営業所検索は こちら


「サステナブル宣言」

「サステナブル」(持続可能)な社会とは、地球生態系本来のバランスを基本とし、将来にわたって全ての人々が快適に暮らせる社会のことです。当社は、これまでの企業活動や環境推進活動、社会的責任の遂行などの実績を踏まえ、「サステナブル」を企業活動全般の基軸に据え、平成17年4月に「サステナブル宣言」を行いました。この宣言に基づき、住まいづくりや環境活動はもちろん、あらゆるステークホルダーにバランスよく配慮した事業活動を行っています。

当社では、この「サステナブル宣言」の具体的行動計画の一つとして、住宅の建設から廃棄に至るまでの二酸化炭素の排出量について、平成22年(2010年)推定量に対して20%削減(平成2年(1990年)比では6%削減)する目標を設定しています。

「アクションプラン20」

「アクションプラン20」は、「サステナブル宣言」の具体的行動目標を販売施策に反映させた取り組みです。当社として今できること、確実に成果のあがることを大切に考え、実際の住まいづくりや事業活動の行動計画に反映させることが目的です。
具体的には、まず一般ガス給湯器から高効率の潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」へ変更し、全ての戸建住宅で標準設定としました。これにより熱効率が約15%向上するため、ガス代を節約できると共に、二酸化炭素排出量も従来比15%削減することができます。また、「エコウィル」(ガス併用)、「エコキュート+IHクッキングヒーター」(オール電化)、「太陽光発電システム+オール電化」仕様の提案など、お客様に合わせた省エネ機器を提案することで、光熱費を抑えると共に居住時の二酸化炭素排出量を大幅に削減します。



<本件お問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
電話 06-6440-3021

東京総務部
電話 03-5352-3113

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承ください。