NEWS RELEASE

平成23年12月6日

積水ハウス株式会社

文化シヤッター株式会社

三菱化学株式会社

 

 
 
「東京モーターショー2011」積水ハウスの出展ブースにおいて
“フィルム型太陽電池”を採用した新開発の「次世代型住宅用オーニング」により
新たな“ソーラーエクステリア”を提案
 
 

 積水ハウス株式会社(以下、積水ハウス  社長:阿部俊則)、文化シヤッター株式会社(以下、文化シヤッター 社長:茂木哲哉)、三菱化学株式会社(以下、三菱化学 社長:小林喜光)は、「第42回東京モーターショー2011」の積水ハウス出展ブースにおいて、シート材に“フィルム型太陽電池”を採用した新開発の「次世代型住宅用オーニング」により、新たな“ソーラーエクステリア”を提案しています。

 積水ハウスは、2011年12月2日(金)から12月11日(日)まで東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショーに住宅メーカーとして初出展し、太陽電池・燃料電池・蓄電池の3電池を組み合わせた「グリーンファースト ハイブリッド」による“究極のエナジーフリー”の実現と、EV(電気自動車)を加えた先進のスマートハウスの提案を行っています。また、3電池連動システムを制御し、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」を最適活用するオリジナルのHEMSを展示する他、自然エネルギーを活用することで日射調整しながら発電を行う“ソーラーエクステリア”についても展示しています。

 積水ハウスが提案する“ソーラーエクステリア”の実現にあたり、このたび三菱化学の“フィルム型太陽電池”をシート材として採用し、積水ハウスと文化シヤッターグループの株式会社テンパルとは、「次世代型住宅用オーニング」を共同開発しました。このオーニングは、本来の“日よけ”機能によって省エネ・節電効果を発揮するだけでなく、フィルム型太陽電池によって発電したエネルギーを有効に活用する“創エネ”機能を併せ持つものです。

◆「次世代型住宅用オーニング」の特長

省エネ・節電効果を発揮する“日よけ”機能と、「フィルム型太陽電池」で発電する“創エネ”機能を併用。
柔軟なシート特性を活かし変形・巻き込みが可能。
日射の方向に合わせてオーニング全体の向きを変えて、より効率的な発電が可能。

☆「東京モーターショー2011」の積水ハウスサイトは こちら


<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。