SEKISUI HOUSE NEWS RELEASE

平成23年11月18日

 
 
 
家も車もエネルギーコストゼロ、停電時にもEVに充電できる
Green First HYBRIDで、究極のエナジーフリーを実現
〜「東京モーターショー2011」積水ハウス展示ブース(西3ホール)にて紹介〜
 
 

 積水ハウス株式会社は、平成23年12月2日(金)〜12月11日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第42回 東京モーターショー2011」(主催:一般社団法人日本自動車工業会)において、究極の“エナジーフリー”を実現し、家も車もエネルギーコストがゼロ、停電時にもEV(電気自動車)に充電できる先進のスマートハウスを提案します。

 なお、住宅メーカーの東京モーターショーへの出展は初めてのこととなります。

 東京モーターショー2011では、“最先端の情報・環境・エネルギー技術が実現する人とクルマと都市の未来”をテーマとした「SMART  MOBILITY  CITY 2011」も開催されます。

 積水ハウスは、スマートハウスのリーディングカンパニーとして、 世界初の3電池システム(太陽光電池+燃料電池+蓄電池)を搭載した「グリーンファースト ハイブリッド」を本年8月に発売開始しました。「グリーンファースト ハイブリッド」は、快適で経済的に暮らしながら大幅な節電を可能にし、日中は“街の発電所”として電力不足問題にも貢献する住宅として注目を集めています。

 今回の東京モーターショーにおいては、「グリーンファースト ハイブリッド」によって究極の“エナジーフリー”を実現し、さらにEVを加えた先進のスマートハウスを提案します。

 展示ブースにおいては映像技術3Dプロジェクションマッピング(※)を使用し、健康で快適な暮らしや災害への取り組みを紹介しながら、「グリーンファースト ハイブリッド」にEVが加わることで変化する近未来の生活シーンなど、家とEVの新しい関係を提案します。

 またブース内においては、ホームエネルギーを最適制御し、家と車のエネルギーコストゼロを実現するために居住者の省エネ行動を促進する、オリジナルのHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)を展示いたします。

 その他、地震動エネルギーを熱に変換・吸収し建物の変形を抑える独自の制震システム「シーカス」など先進の技術を展示し、時代のニーズに応える安全・安心・快適でサステナブルなライフスタイルを実現できる空間を提案いたします。

 

(※) 3Dプロジェクションマッピング・・・建物など造形物をスクリーンにしてプロジェクターからの映像をあてるコンテンツのことで、目の錯覚などを利用して様々なビジュアル効果を可能にする技術


【展示ブース概要】

日付:2011年12月2日(金)〜 12月11日(日)
※一般公開は12月3日(土)より
場所:東京ビッグサイト西展示場4F 西3 ホール 積水ハウス展示ブース
時間:10:00〜20:00
(日曜日のみ10:00〜18:00、但し最終日12月11日は17:00閉場)
内容: 

東京モーターショー2011内において主催者が行うテーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2011」は、「次世代自動車とそれを取り巻く社会システム」を提示するものです。
積水ハウスは、3Dプロジェクションマッピング(映像)を使用し、2015年の家とEVによる近未来の快適な暮らしを表現。未来の快適な生活や災害への対策について、体験型のコンテンツによって、理解を深めていただきます。

・3Dプロジェクションマッピングを使用した映像の体験
  「未来の暮らし実感シアター」   
・HEMS、シーカスなど最新技術の体験展示
  「健康・快適体験ゾーン」「エネルギー機器体験ゾーン」

 

【 3Dプロジェクションマッピング】

☆「東京モーターショー2011」の積水ハウスサイトは こちら


<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。