Sekisui House News Release

平成23年7月7日

 
 
 
フレイザーズ・センターポイント・リミテッドと積水ハウスが
オーストラリア・シドニー中心部の複合開発
「セントラルパーク」の共同開発事業を開始
 

 積水ハウス株式会社(会長:和田勇、本社:大阪市北区)とフレイザーズ・センターポイント・リミテッド(CEO:リム・エー・セン、本社:シンガポール)は、オーストラリアのシドニー中心部の複合開発「セントラルパーク」の共同開発事業契約を締結し、オーストラリアにおける共同事業を開始します。

 フレイザーズ・センターポイント・リミテッドはアジア・オセアニアを中心に事業を展開するシンガポールの大手デベロッパーで、当社とシンガポールの「ホウガン」「プンゴル」の共同開発を進めています。

 「セントラルパーク」プロジェクトはシドニー中心部から南へ約2キロ、オーストラリア最大の利用客を誇るセントラル駅に近接しており、周辺は複数の大学がある文教都市で10万人以上の学生や多数の教職員、研究者が暮らすなど旺盛な住宅需要があります。

 当該プロジェクトは2010年8月からフレイザーズ・センターポイント・リミテッドのオーストラリアの事業会社であるフレイザーズ・プロパティ・オーストラリアにより開始され、既に一部マンション区画は建築、販売が行われており、75%が販売済となるなど人気の開発案件です。

 マンションを中心に商業施設、ホテル、オフィスなどを配し、2014年度までの事業完了を目指して事業を進め、総売上予定額は20億オーストラリアドル(約1,700億円)となる予定です。
 「セントラルパーク」プロジェクトの共同事業開始によって、オーストラリアでも両社の関係を広げるものとなります。

 今後、フレイザーズ・プロパティ・オーストラリアと積水ハウスの現地事業会社である積水ハウスオーストラリアホールディングスが共同で事業を推進し、積水ハウスの環境技術や日本らしい細やかなデザインも取り入れていく予定です。

 「新スポットとなる都会の憩いの場」をコンセプトに掲げる「セントラルパーク」は世界的な建築家であるジャン・ヌーヴェルやフォスター+パートナーズなどを中心とするクリエイターにより、洗練されたデザインと環境配慮を両立し、建物についてはオーストラリアの環境基準であるグリーンスターの5つ星を取得、さらに開発プロジェクト全体として6つ星の取得を目指すなどトップレベルの環境に配慮した開発を行います。

 計画地の中心には大きな公園を配し、それを囲むように壁面緑化などを施した建物が配置されます。また、開発地区全体の電気と温水の自家供給施設や汚水・雨水のリサイクルシステムの導入、歴史的建造物のリノベーションなどを実施します。

 積水ハウスは「セントラルパーク」での共同事業により、サステナブルな付加価値の高いまちづくりを推進し、オーストラリアにおけるさらなる事業拡大を目指します。

 

共同事業の概要は以下の通りです。

 Central Park(セントラルパーク):複合開発事業

立地 シドニー中心部より約2km
開発地面積 5.8ha
予定規模

 マンション  約1,900戸(内1/3は建築、販売中)
 学生用住宅  約720戸
 ホテル、商業施設、オフィス  合計約100,000㎡
 公園  約6,400㎡

総売上予定額 AUD(オーストラリアドル) 2bil (約1,700億円)
出資比率

 フレイザーズ 50% 
 積水ハウス  50%

 

■ロケーション

 

 

■完成イメージパース

 

■フレイザーズ・プロパティ・オーストラリア
 (Frasers Property Australia Pty Limited)
 フレイザープロパティ、フレイザー・センターポイント・リミテッドのオーストラ 
 
リアでの事業会社として、現在、都市計画や住宅、商業および複合商業開発を行っています。
詳細については、www.frasersproperty.com.au をご覧ください。

■フレイザーズ・センターポイント・リミテッド(Frasers Centrepoint Limited)  CEO:リム・エー・セン(Lim Ee Seng)、本社:シンガポール。 創業100年以上のフレイザー・アンド・ニーブ(Fraser and Neave, Ltd)グループの不動産開発部門。
シンガポールの大手デベロッパーであり、世界14カ国でも事業を展開する。
詳細については、www.fraserscentrepoint.com をご覧ください。 

 


 

 

 

<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。