Sekisui House News Release

平成23年4月28日

 
 
 
米国シアトルで1,700haの不動産開発プロジェクト
「カスケディア」をニューランド社と開始
積水ハウス、米国3案件目で最大規模
 

 積水ハウス株式会社は米国子会社のNORTH AMERICA SEKISUI HOUSE, LLC(本社:ヴァージニア州マクリーン)を通じて、ニューランド・リアル・エステート・グループ(CEO:ロバート・マクロード、本社:カリフォルニア州サンディエゴ)と共同で米ワシントン州シアトル市及びタコマ市郊外の「カスケディア」プロジェクトの1,700haの土地を取得し、開発に着手することで合意しました。
ニューランド社は2010年9月に発表済みのヒューストン郊外「シンコ・ランチ」宅地開発プロジェクトで積水ハウスと共同事業を行っている米国の大手デベロッパーです。

 開発プロジェクトであるカスケディアは、米国北西部ワシントン州のシアトル市とタコマ市の郊外にあたる新興開発地区です。
シアトル・タコマ経済圏はIT、航空、宇宙産業の集積が顕著であるとともに、新興国を中心としたアジア諸国との通商が盛んな地域で、全米でも地域経済の成長と人口増加のトレンドがもっとも顕著な経済圏の一つです。カスケディアはその郊外で自然豊かな居住エリアであり、雇用の集積地として発展が期待されている地域です。
 
 「カスケディア」プロジェクトにおいては、戸建住宅と商業・オフィス施設、公共施設からなる複合開発として、自然と共生し、快適で上質な暮らしを提供するまちづくりを推進し、積水ハウスが日本で同種の開発で数多く手がけてきた手法を生かしていきます。
 
 積水ハウスは、日本で最も多くの住宅を供給してきたノウハウを生かし、サステナブルなまちづくりを提供していく所存です。こうした取り組みを通じ、ニューランド社と良きパートナーシップを築き、事業を展開してまいります。

 

共同事業の概要は以下の通りです。

 
プロジェクト名 Cascadia(カスケディア):複合開発事業
立地

 ワシントン州 シアトル市、タコマ市郊外、ピアス郡
 Pierce County,Washington

開発地面積 1,700 ha
予定規模 戸建宅地 6,000区画以上
 商業施設、教育・公共施設

 

 


 

 

 

<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。