積水ハウス ニュースレター

平成23年2月4日

 
 
 
積水ハウスの環境配慮型賃貸住宅「シャーメゾン グリーンファースト」
平成22年度の契約棟数は890棟
太陽光発電を搭載した賃貸住宅の年間契約棟数で業界最多
 
 

 積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部 俊則)では、太陽光発電システムを搭載した環境配慮型の賃貸住宅「シャーメゾン グリーンファースト」※1の販売が平成22年度※2において年間890棟に達しました。

 

平成22年度

(参考)平成21年度

「シャーメゾン グリーンファースト」
契約棟数

890棟

371棟

 当社は、断熱性や耐震性などの基本性能を高めた住宅に太陽光発電システムや家庭用燃料電池を搭載した環境配慮型住宅「グリーンファースト」 を平成21年3月に発売して以来、順調に拡販を続けてまいりました。その中でも賃貸住宅については、太陽光発電システムを搭載したオール電化仕様の「シャーメゾン グリーンファースト」を販売することにより環境配慮型賃貸住宅の普及に努め、平成22年度における太陽光発電システムを搭載した賃貸住宅の年間契約棟数は業界最多の890棟となりました。

 「シャーメゾン グリーンファースト」は、太陽光発電システムで発電することにより、CO2排出量を大幅に削減しながら入居者にとっては発電した電力を享受でき、さらに余剰電力は売電することも可能です。また、環境意識がますます高まる昨今、環境配慮型の賃貸住宅を選択する入居者も増えつつあり、賃貸住宅のオーナーにとっても周辺物件との競争力や資産価値を高めるとともに、将来にわたる安定経営の大きな支えとなります。

 当社は、環境省認定の「エコ・ファースト企業」として、今後も快適性・経済性・環境配慮を兼ね備えた「グリーンファースト」の普及・拡大に努め、低炭素社会の実現に向け地球環境に配慮した住まいづくりを推進してまいります。 

 なお、「シャーメゾン グリーンファースト」は、平成23年1月27日に発表された(財)日本地域開発センター(会長:伊藤 滋氏)が主催する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2010」※3の集合住宅部門・低層賃貸商品タイプにおいて特別賞を受賞※4 しました。当社は一昨年、昨年の受賞に続き、今回で3年連続の受賞となり、特別表彰として優秀企業賞も同時に受賞しています。

※1

「シャーメゾン」及び「グリーンファースト」は積水ハウス株式会社の登録商標です。

※2

当社事業年度は2月から翌年1月までです。平成22年度は平成22年2月1日から平成23年1月31日までを指します。

※3

オール電化住宅を対象に、外皮性能と主要設備機器を一体とした省エネルギー性能を定量的に評価し、独自の工夫や快適性などと省エネルギー性との融合、省エネルギー住宅の普及・貢献などの視点から、優秀と認められた住宅を顕彰するものです。

※4

「シャーメゾン グリーンファースト」は太陽光発電システムを搭載したオール電化仕様の賃貸住宅の総称であり、今回受賞した商品名は「シャーメゾン ECOスタイル クロスソーラー」となります。

「シャーメゾン グリーンファースト」の外観一例

 


 

 

 

<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。