積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.120
- オーナー様の声をご紹介 -
まちの暮らしカタログ

積水ハウスで建築いただいたオーナー様に、おうちづくりのこだわりや住み心地などをお伺いします。
普段は中々聞くことができないオーナー様のリアルな声を、 ぜひ、これからの住まいづくりにお役立てください。

「毎日が特別」になる舞台
高台の絶好のロケーションにあるまちで、「一生もの」の眺望を楽しむ毎日。
帰り着くたびに「ここに暮らして良かった」と実感されているようです。
イメージ

京都府 O様邸の暮らし

結婚後しばらくは近隣市街のアパートにお住まいだったO様ご家族。良い場所に出会えたら家を建てたいという思いを持って、まめに土地探しをされていたそうです。そして今、運命の出会いを果たしたこの場所で、幸せな毎日を過ごされています。

イメージ
主人はこの場所に一目ぼれでしたね(笑)。
私も、やっぱりこのロケーションは最高だったなと思っています。

─元々は近隣の賃貸アパートにお住まいだったということですが、どういった経緯で「積水ハウスの分譲地」を選ばれたのでしょうか?

イメージ
賃貸はあくまで「仮住まい」という意識で、いつか家を建てたいと思って土地はずっと探していたんです。特に、このあたりの高台のロケーションは魅力的だなと思って前々から目をつけていました。するとある日、ちょうどこの一帯が更地になっているのを見つけて。それが積水ハウスの分譲地になるというのを知って、そこからの行動はかなり早かったと思います(笑)。私自身が自然の多いところで育ったものですから、なるべく人の目が少ない場所でのびのび暮らしたいと思っていたんです。片面が開放的なこの土地を見つけて、これは運命的な出会いだと感じました。
イメージ
主人はこの場所に一目ぼれでしたね(笑)。でも本当に、このロケーションは最高だったなと思っています。私は前のアパートの時から自宅でお菓子の教室を開いていたので、新しく家を建てるなら生徒さんが「また来たい」と思ってもらえるような家、時間を忘れて過ごせるような非日常感のある家にしたいと思っていたんですね。ここならきっとそれが叶うと思ってわくわくしました。それと、これは(積水ハウスの分譲地で)建てると決めてからの話ですが、設計担当の方が提案してくださるデザインがどれも本当に良くて。私はキッチンにこだわりがあってかなり色々要望を出していたんですが、出てきたものは想像以上のものばかりでした。家づくりをしているときから、これから始まる暮らしに期待を持てたのは幸せな体験だったと思います。
イメージ
イメージ
人目が気にならないデッキで過ごすひとときが贅沢。
大きなビニールプールを出して「プチセレブだね」って(笑)。

─この家に実際にお住まいになられて、お気に入りのポイントや好きな過ごし方はありますか?

イメージ
デッキで過ごすひとときが贅沢な気持ちになれますね。夏は大きめのビニールプールを出して「プチセレブだね」って言ったりして(笑)。人目が全く気にならないのがいいですね。天気のいい日は外へ出てご飯を食べることもあります。庭を活用する機会が多いのもうれしいです。友人を招いてバーベキューをしたり、犬の遊び場として活躍したり。庭には、家族の成長の記念にと思ってミカンの樹を植えました。あまり広い庭は持て余すかと思っていたのですが、将来的に庭の部分には近隣に住む妻の両親の家を建てることもできますし、このロケーションで二区画分を購入しておいたのは良かったなと感じています。
イメージ
もちろん一番はこの眺め、開放感です。でもその最高の眺めがお部屋が散らかっていたら台無しになるという点で、収納の充実ぶりにはすごく満足しています。教室を開いているだけあってキッチン関連の物は本当にたくさん持っているんですが、全部引き出しや裏動線にすっきり仕舞えて助かっています。ちゃんと舞台裏が用意されている安心感というか(笑)。あっそうそう、満月の夜になると、階段のところの窓に月が綺麗に見えるんです!設計の方が計算されてたのかな?っていうくらい、額縁の絵のように収まっていて。とってもお気に入りです。
イメージ
家に帰り着いて安心するみたいに、このまちに帰ってくると
安心するんです。幹線道路から奥まっていて、緑も多くて。

─眺望以外のところで、このまちでの暮らしが「特別」だと感じられることはありますか?

イメージ
家に帰り着いて安心するみたいに、このまちに帰ってくると安心するんですよね。どうして安心なのかというと、幹線道路から奥まったところにあってびゅんびゅん車が行き交っていないからとか、道路を歩いていて目に入る緑が多いとか、そういうことの積み重なりだと感じています。あとやっぱり、積水ハウスの家を買ったという共通点があるからか、住民の皆さんにはどこか親近感を覚えます。まちの中で会うと必ず声を出して挨拶を交わしてくださったり、まじめでいい人が多い印象です。ほとんどはおそらく一生の付き合いになる皆さんですから、そうした方々と同じまちで暮らしていくというのは「特別」ですよね。
イメージ
元々私は、新しく住む場所はなるべく子育て世代の同世代が多いところに住みたいと思っていたんです。住み始めて、子育て世代が多いことの安心感はもちろん、皆さん、自分の子どもだけじゃなくて近所に住む子どものことも目にかけてくださっていることに感動しました。ご近所のお父さんが自分の子と遊んでいるときに近所の子も仲間に呼び入れて遊んでいたり。同じ子育て世代といっても、わが子だけにしか関心を持たない方とそうじゃない方ではなかなか接点を持ちにくいと思うんですが、このまちではそういうことがないですね。
何泊かの旅行から帰ってきてリビングのドアを開けるたび、「やっぱりわが家が一番だな」って思うんです。このまちに対しても同じ気持ちですね。

作成日:2020年6月25日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top