積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.119
- オーナー様の声をご紹介 -
まちの暮らしカタログ

積水ハウスで建築いただいたオーナー様に、おうちづくりのこだわりや住み心地などをお伺いします。
普段は中々聞くことができないオーナー様のリアルな声を、 ぜひ、これからの住まいづくりにお役立てください。

のびやかなリビングで育む幸せな時間
映画好きのご主人の夢を叶えたホームシアターのあるリビング。
キッチン・ダイニングとひとつながりの大空間で、幸せな時間が育まれています。
イメージ

千葉県 I様邸の暮らし

以前は駅徒歩10分ほどのアパートにお住まいだったI様。職場のご同僚の新築のお宅へ遊びに行ったとき、自宅にいるときと違うテンションで部屋を駆け回るご長女の姿を見て「家を建てたい」と決心されたそう。「自宅でのんびり映画を楽しみたい」というご主人の思いを叶えたリビングは、家族が思い思いにくつろげる大空間となりました。

イメージ
宿題をリビングでしたり、くつろぐのもここで。
家族が思い思いに過ごせる場所になればいいな。

─キッチン・ダイニングともひとつながりで、広くて居ごこちのいいリビングですね。リビングはどんなところがお気に入りですか?

イメージ
やっぱり、これだけ広い部屋の中で過ごすというのはアパートでは得られない時間ですよね。映画を観ないときもついついソファでくつろいでいます。何もしなくても贅沢な気持ちでいられるのがうれしいです。あとはもちろん、ホームシアターには本当に満足しています。アパートと違って気兼ねなく音を出して大迫力で映画を鑑賞できるのがいいですね。そうそう、家が完成して親戚が大勢で来てくれたとき、「こんな大きなソファ、うちじゃ置けないよ」って言われたんです。たくさん来客があっても窮屈に感じなかったし、わが家のリビングは広いんだなってあらためて実感しました。この広さは、この場所だからこそ得られた広さなので、このまちを選んで正解だったと思います。
イメージ
前の家では、リビングには物が雑然と出ている感じだったんです。でもこの家はいつもスッキリ。リビング収納を作ってもらったので、物をそこに片付ける習慣ができて。「あれどこいった?」と物を探す手間も時間のロスもなくなりましたし、リビングに物が散らかることもありません。仕舞う場所をちゃんと用意できているから、娘も自分から進んでおもちゃをお片付けするようになりました。リビングをこれだけ広くしたので、ここで一緒に過ごす時間を増やしていきたいです。将来的にも宿題をリビングでしたり、くつろぐのもここで。家族が思い思いに過ごせる場所になればいいなと思っています。
イメージ

キッチンとひとつながりのダイニングテーブルでご長女がくつろぐことも。

妻は家で過ごす時間が長いので、妻が楽しくなる家になればいいなという
思いがあって。それが叶って満足しています。

─家を建てるにあたってどんな夢を描かれていましたか?どんなところにこだわりを持っておられたでしょうか。

イメージ
とにかく私は映画が好きで、家を建てるにあたって願っていたのは、広いリビングとホームシアターとロフト。それだけあればいいと思っていたくらいで(笑)。それに、私は日中は家にいないことが多いけれど、妻は家で過ごす時間が長いので、妻が楽しくなる家になればいいなという思いがあって、妻には「好きなように設計して」と伝えていました。それが叶ったようで満足しています。私自身は、やはりロフトは凄く気に入っています。一人になりたいときには最高の居場所ですね(笑)。
イメージ
家を建てると決まってからは、自分が住みたいと思う家になるよう憧れをつめこみました。インスタとかルームクリップに上がっている写真でお気に入りを見つけて、「こういう感じにしたいです」ってインテリアコーディネーターさんにご相談して。打合せはとても楽しかったです、ずいぶんわがままを聞いてもらったかもしれませんが(笑)。気に入っているのは2階の洗面所です。縦に細長い窓がついていて、夕方にお風呂に入るとそこから陽が差してくるのが本当に綺麗で。幸せな気持ちになりますね。
イメージ
奥さまお気に入りの、夕日が差し込む洗面室。使いやすい収納にも満足されているそう。
イメージ
写真上:洗面台のタイルなど、細部に奥さまの憧れが散りばめられている。
写真下:ご主人の「隠れ家」のロフト空間。
まちなみが綺麗だから、歩いているだけで幸せな気分になって。
ついお散歩したくなりますね。夜道が暗くないのも安心です。

─前のお家は駅まで徒歩圏内だったそうですが、この家は駅までの行き来はバスになります。当初、条件として「駅近」はありましたか?

イメージ
そうですね。やはり元々は駅まで徒歩10分くらいのところに住んでいたので、最初は駅近を条件に探していました。ただ、「ある程度の広さのある土地を」となると、なかなか希望に合う場所がなくて。そんなときにこの分譲地をご紹介いただき、色々お話を伺うなかで、ご近所に娘と同い年の子どもが多いと知りました。それは購入の後押しになりましたね。駅近に土地が見つかったとしても、ご近所に同世代の子が少ないと娘にとってはさびしいだろうなと思っていたので。あとはやっぱり広さですね。広い家にはしゃぐ娘の姿に心を動かされて家を建てる決意をしたのに、駅近を優先して広さに満足できなかったら本末転倒だなって。
イメージ
初めてここへ見学に来てまちを歩いたとき、すごく綺麗な分譲地だと感じました。子どもたちが楽しそうに遊んでいるし、治安も良さそうで静か。ここで過ごしたらきっと楽しいだろうなという気持ちになりました。住んでからも、まちなみが綺麗だから、歩いているだけで幸せな気分になって。ついお散歩したくなりますね。気がかりだった駅までのアクセスについても、家からバス停までが近いので不便さは感じていません。まち全体に統一感のある街灯があって夜道が暗くないし、雨の日の夜は幻想的で綺麗。娘が高校生になって遅い時間帯に帰ってくるようになっても安心です。あとはやっぱり、自分の家だけじゃなくて周りも積水ハウスの家というのは安心感があります。台風や地震のときに何か飛んできたり倒れてきたりということも少ないかなと。その安心感は積水ハウスの分譲地ならではだと思います。
イメージ

初めて見学に来たとき、I様ご夫婦はまちなみの美しさに心を奪われたという。

作成日:2020年5月28日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top