積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.102

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.102|住宅ローンを借りるときに加入する団体信用生命保険とは?

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

住宅ローンを借りるときには、ほとんどの金融機関で団体信用生命保険(団信)への加入を求められます。団信とは、借りている人が死亡や高度障害になったときに保険金が下り、ローン残高がゼロになる保険のこと。いざというときに遺族にローンの負担が残らず、その家に住み続けることができる仕組みです。

団信は住宅ローンのリスクを減らすために欠かせない保険ですが、一般的なタイプの保険の場合は保険料が金利に含まれており、別途負担する必要はありません。フラット35の場合も同様ですが、民間ローンと異なるのは団信に加入しなくても借りることができるという点です。

フラット35を団信に加入せずに借りると、通常より金利が0.2%低くなります。そう聞くとお得なように聞こえるかもしれません。とはいえ、団信に加入しないと万が一のときに遺族にローン負担が残ってしまうリスクを考えると、やはり加入しておくに越したことはないでしょう。

最近は団信に特約で疾病保障を付けられるケースが増えてきました。死亡や高度障害のほかに、特定の疾病にかかった場合に保険金が支払われ、ローン残高がゼロになったり半分に減ったりするという商品です。(表参照)

保険の対象となる疾病は金融機関によりさまざまですが、がん、脳卒中、急性心筋梗塞が基本といえます。この三大疾病のほかに生活習慣病や、すべての病気・けがを対象にしているケースもあります。

保障内容はがんの場合は診断されたら保険金が下りるケースが一般的ですが、その他の病気は一定期間以上の入院など所定の状態になった場合に対象になります。保険料は金利に0.1%~0.3%上乗せされる場合が多く、なかには保険料ゼロのものもあります。このほか、加入時(借入時)に50歳未満など年齢制限が付く保険が多いので、自分に適した保険かどうかを事前によく確認しましょう。

また団信で注意が必要なのが、共働き夫婦が住宅ローンを借りるケースです。夫婦のどちらか一方がローンを借りる場合、借りた人が死亡した場合は団信でローン残高がゼロになりますが、もう一方の人が死亡した場合は保険の対象になりません。夫婦それぞれが住宅ローンを借りるペアローンの場合は、どちらか一方が死亡した場合はその人が借りていたローンの残高は団信でゼロになりますが、もう一方のローンは残るのです。

なお、フラット35を夫婦の連帯債務で借りる場合は、夫婦のどちらが死亡してもローン残高がゼロになる「夫婦連生団信」に加入することができます。保険料は通常の団信よりも高くなるので、金利に0.18%が上乗せになります。一部の民間ローンでも同様の夫婦連生団信を扱っているケースがあるので、共働き世帯であれば加入を検討してもよいでしょう。

住宅ローンに付けられる疾病保障の例

(クリックすると拡大します。)

作成日:2018年12月20日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top