積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 不動産分譲ナビ
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.088

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.088|住宅ローンを借りて家を買うと現金がもらえる

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

住宅を買って待望の新居に入居したのもつかの間、翌月から住宅ローンの返済が始まるなど、なにかと物入りな購入前後。でも、家を買うと現金がもらえる制度があるのをご存知でしょうか。今回はこの「すまい給付金」の紹介です。

「すまい給付金」とは、原則として住宅ローンを借りて家を買った人に、収入に応じて現金を支給する制度です。2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたのをきっかけに導入された制度で、新築住宅のほか不動産会社が売主の中古住宅も対象になります。

給付される額は収入によって異なり、収入の目安が425万円以下の人は最大30万円をもらえます。また収入の目安が510万円を超える人は対象になりません。なお、10%の消費税が適用される場合は金額が異なります。

この給付額は世帯単位ではなく人単位なので、住宅を夫婦などで共有している場合は夫婦とも対象になります。ただし自宅としてその家に住んでいることが条件となり、給付される額は給付基礎額に持分割合をかけた金額です。

例えば夫婦のほかに同居していない父親が家を共有していた場合、夫の給付基礎額が20万円で、持分割合が50%とすると、夫が実際にもらえる額は「20万円×50%」で10万円です。同様に妻の給付基礎額が30万円で、持分割合が30%とすると、妻は「30万円×30%」で9万円もらえることになり、夫婦合計の給付額は19万円になります。父親は持分割合が20%としても、その家に住んでいないため給付されません。

なお、購入する住宅や住宅ローンにも要件があり、新築住宅の場合は次のとおりです。
・自らが居住する
・住宅ローンの返済期間が5年以上
・床面積が50平方メートル以上
・工事中の検査により品質が確認された住宅(住宅瑕疵担保責任保険に加入、建設住宅性能表示制度を利用、など)

また、住宅ローンを利用せず現金で購入した場合でも、上記のうち住宅ローンを除く要件のほか、以下の要件を満たせば給付の対象になります。
・フラット35Sの基準を満たす
・住宅の引き渡しを受けた年の12月31日時点で50歳以上
・収入の目安が650万円以下

この「すまい給付金」を受けるには、インターネット(http://sumai-kyufu.jp/)などで給付申請書を入手し、郵送ですまい給付金事務局に申請するか、申請窓口に申請する必要があります。また住宅事業者などが申請の手続きを代行することも可能です。

「すまい給付金」の給付額
(クリックすると拡大します。)

作成日:2017年9月21日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top