積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.059

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.059|家を買うときに使えるおトクな制度。省エネ住宅ポイントとは?

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

家を買うときには税制やローンなどでいろいろとおトクな制度が利用できますが、2014年12月に打ち出された経済対策により新たにスタートしたのが「省エネ住宅ポイント」です。

この制度は一定の省エネ基準を満たす住宅を取得したり、リフォームしたりすると、最大30万ポイントがもらえるというものです。もらったポイントは1ポイント=1円相当で、地域産品や商品券などと交換できます。2011年から実施され、省エネ住宅ブームを引き起こした「復興支援・住宅エコポイント」が復活した形です。

ポイントがもらえるのは、新築の場合は2014年12月27日以降に工事請負契約を締結し、2016年3月31日までに建築着工した住宅です。分譲住宅の購入でも、同様の条件を満たしていれば対象になります。また、2014年12月26日までに建築基準法に基づく完了検査の検査済証が発行された完成済み住宅も対象になります。

対象となるのはトップランナー基準と呼ばれる高い省エネ基準を満たす住宅か、住宅性能表示制度で一次エネルギー消費量等級5を取得した住宅です。また、木造住宅の場合は一次エネルギー消費量等級4か断熱等性能等級4、または省エネルギー対策等級4に該当する場合も対象になります。自分が買おうとする住宅が対象になるかどうか、分譲会社に確認してみましょう。

ポイントは商品との交換のほか、対象住宅の追加工事やグレードアップ工事の費用に充てることも可能です。これを「即時交換」と呼び、2016年2月15日までに即時交換の工事を含めた工事の完了報告をする必要があります。

ポイントをもらう場合は、事務局に発行申請が必要です。申請は分譲会社が代理で行うこともできます。発行申請の期限は2015年11月30日までですが、予算を使い切った場合は途中で締め切られる場合があります。またポイントを商品などと交換する場合はポイント交換申請を行いますが、こちらの期限は2016年1月15日までとなっています。

省エネ性能の高い住宅は買うときにおトクなだけでなく、住んでからの光熱費も割安になることが期待できます。なにより冬暖かく夏涼しい快適な暮らしが実現しやすいので、検討に値するといえるでしょう。


省エネ住宅ポイント制度の概要(エコ住宅の新築または完成済み購入)

作成日:2015年4月23日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top