積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.031

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.031|住宅ローン控除は年内の入居がおトク

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

住宅を買うときや買った後ではさまざまな減税を受けられますが、なかでも大きな減税は住宅ローン控除です。これは住宅ローンの残高に応じて、所得税や住民税が減税される制度。今なら住宅ローン残高の1%に相当する額が、10年間に渡って控除されます。

この住宅ローン控除は毎年のように制度の内容が変わり、どの年の制度が適用されるかは入居した時点で判断されます。2012年中に入居すれば、控除の対象となる住宅ローン残高の上限が3000万円(一般住宅の場合)なので、毎年の控除額の上限は30万円。10年間の合計で最大300万円の減税が受けられます。

入居が2013年になった場合、対象となる住宅ローン残高の上限が1000万円ダウンして2000万円になる予定です。毎年の控除額の上限は20万円となり、10年間では最大200万円と2012年より100万円ダウンします。住宅ローン控除を利用するなら、2012年中に新居に入居するのがおトクなのです。

ただし、消費税の増税をにらんで住宅ローン控除を拡充することが検討されています。具体的には2013年入居分の控除額を、2012年と同じ最大300万円に引き上げるというものです。さらに消費税率の引き上げが予定されている2014年には、控除額を最大500万円に拡充する案も出ています。

とはいえ、改正案どおりに住宅ローン控除が拡充されるかどうかはまだ分かりません。また2014年の拡充案については、そもそも消費税増税による負担増を抑えることが目的なのです。最大300万円の大型減税をおトクに受けるには、2012年のうちに入居するのが確実といえます。

ちなみに住宅ローン控除を受けるには、入居した翌年に確定申告が必要です。家を買ったら忘れずに申告するようにしましょう。

住宅ローン控除の控除額

作成日:2012年11月22日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top