積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.025

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.025|住まいの大敵・湿気とカビを防ぐ工夫

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

雨のシーズンを迎えるこれからの時期、住まいがじめじめと湿気たり、カビが生えて不快な思いに悩まされる方も少なくないでしょう。でも、住まいづくりの段階でちょっとした工夫をすることで、住まいの大敵である湿気やカビをある程度防ぐことが可能です。

室内の湿気を抑えるには、風通しのよい住まいにすることが第一です。梅雨の晴れ間などに窓を開けて室内の空気を入れ替えることで、湿度を下げて快適な空気に保つことが可能になります。通風を確保するには、風の入口と出口を設けることが大切です。例えば壁の高い位置に窓を設置することで、湿気を含む暖かい空気が外に抜け、別の窓から涼しい風が入りやすくなります。窓が一つしか設置できない部屋の場合は、上下が開くタイプの窓にすることで、空気を循環させて換気と通風を同時に行うことも可能です。

また窓の周辺に保水性の高いブロックや植物を置き、水分が蒸発する際の気化熱で涼しい風を取り込む方法もあります。最近では窓辺につる性の植物を植え、ネットなどを設置して植物を繁らせる「緑のカーテン」を活用するケースも増えています。ネットなどがかけやすいよう、屋根の庇にネット用のフックを付けておくと便利でしょう。

室内の壁や天井などに、調湿機能のある建材を使う方法も有効です。調湿機能のある建材とは、建材自身に湿気を吸って保持する性質がある建材のこと。湿度の高いときには空気中の水蒸気を吸収し、逆に湿度が低いときには水蒸気を室内に放散する働きがあります。日本では古来から、木材や漆喰、土壁など調湿機能をもった材料を住宅に多く利用してきました。最近では調湿機能が高く、塗装面に表情をつけやすい珪藻土の人気が高まっており、壁や天井に利用するケースをよく目にします。

調湿建材マーク

これに対し、壁紙クロスや複合フローリングなどの工業化製品には調湿機能のほとんどない製品が多いのですが、近年になって人工的に調湿機能を持たせた建材が増えてきました。社団法人日本建材・住宅設備産業協会(建産協)では、一定の基準をクリアした製品を「調湿建材」として認定・登録し、登録マークを表示できる制度を導入しています。

設置するだけで手軽に湿度を下げられる調湿建材ですが、設置の際には注意すべき点もあります。まず壁に家具などを置くと調湿作用が働きにくくなるので、なるべく物を置かないようにしたいところです。また洗面室など濡れやすい場所に調湿建材を使うと、水がかかってカビなどの原因になるケースもあるので、使用上の注意を事前に確認しましょう。

作成日:2012年5月31日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top