積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.023

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.023|定期借地権付き住宅ってなに?

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

マイホームを探しているときに、「定期借地権付き住宅」という物件を目にしたことがあるかもしれません。「定期借地権」とは、その名のとおり期限に定めのある借地権のこと。つまり一定期間だけ土地を借りる権利のことです。「借りる」というと家を買うのとは異なるイメージを抱くかもしれませんが、建物は自分の所有となるので、リフォームなどは自由にできます。その意味では、家を買うのとさほど変わらないといえるでしょう。

定期借地権付き住宅の最大のメリットは、土地を所有権ごと買うのに比べて購入時のコストが安くなる点にあります。地域や物件の種類にもよりますが、一戸建ての場合は土地と建物を合わせた価格が所有権の場合の6割程度が目安といわれています。土地代が安い分、広い家や便利な場所の家が手に入りやすいといえるでしょう。入居後は土地の固定資産税がかからないかわりに、土地を所有する地主に地代を毎月支払います。月額の地代は2~3万円前後が一般的ですが、物件によって異なるので一概にはいえません。

注意すべき点もあります。まず借地期間が終わったら、原則として土地を更地に戻して地主に返さなければなりません。期間は住宅の場合、50年以上に定めるケースが一般的です。借地権には定期借地権のほかに普通借地権があり、後者は借地期間が終わっても更新が可能ですが、定期借地権はできない決まりです。50年後に自分がなにをしているかを正確に予測することは困難ですが、その時点で土地を手放さなければならなくなることは考えておく必要があります。

また、建物は自分の所有なのでリフォームや建て替えは自由にできますが(事前通知が必要な場合あり)、家を売ったり人に貸したりする際には地主の承諾が必要な場合があります。さらに住宅ローンが借りられるかどうかも注意が必要です。新築物件の場合は定期借地権付きでも提携ローンなどが使える場合が多いのですが、中古の定期借地権付き住宅には融資してくれない金融機関も少なくありません。つまり、借地期間中に売ろうと思っても、買う人がローンを使えないと売りにくいということです。逆に価格が安い分、人に貸したときの利回りは高めになる場合もあるでしょう。

注意したいポイントが少なくない定期借地権付き住宅ですが、コストを抑えてマイホームが手に入る点は大きな魅力です。とはいえ、物件の供給がまだそれほど多くはないので、希望する場所で物件が売られていない場合もあります。それだけに、条件に合う定期借地権付き住宅を見つけたら、購入を検討する価値はあるかもしれません。

定期借地権

作成日:2012年3月22日

関連リンク

イメージ

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top