積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.001

コモンクラブ Column|専門家が教える 住宅購入ノウハウ

Vol.001|住宅ローン減税でいくら戻る?

著者近影大森 広司 プロフィール
住まい研究塾主宰。『SUUMO新築マンション』、『SUUMOマガジン』、『注文住宅』、『Good リフォーム』、オールアバウト「マンション入門」など情報誌やネットで住宅関連全般にわたって取材・執筆活動を続けている。著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』『マンション購入 完全チェックリスト』(ともに日本実業出版社)、『新築マンション買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

景気対策ということで、住宅ローン減税が大幅に拡充されていることをご存じでしょうか。住宅ローン減税とは、家を取得すると数年間にわたって、住宅ローンの借入残高に応じた額が所得税から控除されて戻ってくる制度のことです。2011年は最大400万円となっています。さらに長期優良住宅に認定されると、最大で600万円減税されます。

もう少し具体的に減税の仕組みを説明しましょう。住宅ローンを借りて家を取得すると、借入残高の1%(長期優良住宅は1.2%)に相当する額が10年間にわたって所得税から控除されます。借入残高の上限が4000万円なので年間40万円、10年間の合計が最大で400万円控除される計算です。ちなみに控除額は入居年に応じて徐々に縮小される予定になっています(図表参照)。

■住宅ローン減税の概要

実際に減税される額は、人によって異なります。というのも住宅ローンの借入額が4000万円より低ければ年間の控除額が40万円より少なくなり、さらに所得税額が控除額よりも低い場合もあるからです。所得税額が少ない場合は住民税からも控除されますが、その金額は9万7500円が上限になります。例えば住宅ローンの借入残高が3000万円なら控除額はその1%で30万円となり、所得税と住民税の上限の合計が25万円なら25万円がその人の減税額になるわけです。

所得税額は年収や家族構成などによって異なりますが、標準的な4人家族で試算すると年収600万円の場合で10万円強です。これに住民税からの控除分を加えると20万円弱となり、この金額が減税額の上限となります。税額が変わらないと仮定すると、10年間の合計では200万円弱となる計算です。同様に年収500万円では13万円強、年収700万円では27万円強、年収800万円では37万円弱が年間の減税額の上限です。住宅ローンの借入残高がこの金額の100倍より小さい場合は、借入残高の1%が減税額となります。

作成日:2009年08月25日
更新日:2011年02月24日

お役立ち情報 税金のお話

ECO FIRST

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top