SEKISUI HOUSE積水ハウスの不動産分譲ナビ

MENU

こども達の未来を考えた安全安心の街


概要
明治時代の東京駅や東宮御所の建築に使われたレンガの生産拠点でもあった埼玉県深谷市。この地で「まちづくり」の企画をはじめるに際して、関係者全員でまち歩きを行ない、住・商・学をはじめとする様々な側面からまちの魅力、価値に目を向けて、新しく移り住む家族にとってはもちろん、周辺に暮らす人たちにとっても住環境の質の向上に役に立つような街の実現に向けて具体的な取り組みをはじめました。

保水性アスファルト舗装と道路際の高木植栽による緑陰形成は周辺地域の温度変化を和らげ、夏の暑さ低減に役立っています。各敷地内に雨水貯留槽を設置し、都市災害のひとつでもあるゲリラ豪雨にも備えています。まちの外周を落ち着いた色合いのレンガと鋳物のフェンスで囲み、入口を2か所に絞ることで住民の目による防犯性の向上に繋げています。周辺地域との接点となる街角に集会所を設ける他、道路沿いの高木の下にベンチを設けるなど住民同士のコミュニティの熟成を育む工夫も行なっています。

物件データ

(2016年10月時点)

■名称
コモンガーデンときわ ブリックスアベニュー
■所在地
埼玉県深谷市常盤町76-66他
■交通
JR「深谷」駅より徒歩28分
■総開発面積
17,317㎡
■総区画数
75区画
■街開き
2010年10月
まちなみギャラリーTOP
積水ハウスのまちづくり