SEKISUI HOUSE積水ハウスの不動産分譲ナビ

MENU

エネルギーとコミュニティを考えたスマートタウン


概要
新生富谷市の中核をなす全763区画の大型住宅団地。
震災の直後から分譲が開始され、宮城県の復興のシンボルともなる積水ハウスのスマートコモンシティです。
「防災・防犯のまち」
「環境配慮と自然エネルギー活用」
「まちの財産となる景観づくり」
「コミュニティのあるまち」
「健康・福祉・安全に配慮したまち」
の5つのコンセプトを基本に開発され、国土交通省の省CO2実現性に優れたリーディングプロジェクト支援制度「平成23年度第3回住宅・建築物省CO2先導事業」にも採択されました。車が通り抜けできないサークル状の袋小路「クルドサック」を設けたり、公園に隣接した集会所を2棟、コミュニティセンターを1棟建設。いずれも水・食料の備蓄倉庫や、防災井戸、雨水タンク、停電時にも電力が使える大容量太陽光発電システムなどを備えています。こういったハードの備えとともに、コミュニティの醸成に向けた支援にも取組み、災害発生時の生活の自立をサポートしていきます。

物件データ

(2017年7月時点)

■名称
スマートコモンシティ明石台
■所在地
宮城県富谷市明石台8丁目
■交通
仙台市地下鉄泉中央駅よりバスで16分
■総開発面積
399,977.86㎡
■総区画数
763区画
■街開き
2012年2月
まちなみギャラリーTOP
積水ハウスのまちづくり