防災未来工場化計画 - 積水ハウス 東北工場 -

CRS・環境活動
SLOW & SMART ゆっくり生きゆく、住まいの先進技術
topics

平常時はエコで。災害時はタフに。積水ハウス・東北工場で「防災未来工場化計画」がはじまります!

SAFETY 「人に対して」「住まいに対して」「企業として」オーナーさまと地域社会に安全・安心を提供。

・セミナー開催等による防災意識啓発
・防災体験設備の展示(住まいの夢工場)
・災害時の緊急物資支援
・災害に強い住まいの開発・販売
・短期間施工が可能な仮設住宅の供給
・カスタマーズセンターによるサポート体制
etc...

ENERGY スマートエネルギーシステムで災害時に備えます。平常時には電力ピークカットに貢献します。

既存の太陽光発電設備に加え、
新たに、大型蓄電池・ガスエンジン発電機・
プラグインハイブリッド自動車、
エネルギー管理システム(FEMS)を導入。
平時には電力ピークカットに貢献し、
災害時には、避難所として活用する
「東北・住まいの夢工場」に電力を供給します。

COMMUNITY 町や住民、地域組織との連携を強化。災害に強いコミュニティの
連携モデルを構築します。

東北工場のある宮城県加美郡色麻町と
「防災協定」を締結。災害時には
「東北・住まいの夢工場」を避難所として
活用するとともに、住民や地域組織と連携して、
実践的な防災訓練を定期的に開催します。
企業と地域による災害に強いコミュニティの
先進的な連携モデルを構築します。

積水ハウス 東北工場のご案内

宮城県にある積水ハウスの東北工場では、徹底した品質管理のもと、東北6県・北海道エリアに住宅部材の供給を行っています。敷地内に建つ「住まいの夢工場」では、さまざまな展示施設で積水ハウスの住まいづくりを楽しみながら体感できます。

東北住まいの夢工場 (見学ご希望の方もこちらからどうぞ)

住宅メーカーとして、一企業として、できることは何か……。
東日本大震災ではこのような活動を行って参りました。

1)初動
地震発生直後、本社に対策本部を設置(対策本部長は社長)。
地震当日より、お客様の安否確認と建物の被害状況の確認に注力。また、地震発生3時間後には支援物資の輸送を開始。支援物資は、お客様や従業員だけでなく、一般被災者の方々にもお渡ししました。

2)仮設住宅の建設
宮城県、岩手県、福島県で、仮設住宅を急ピッチで建設。また、NPO法人と連携した被災地復興支援活動も継続的に行っています。

3)復旧・復興工事
被災地の皆様に、一日も早く、快適で安全・安心な復興住宅を提供するために、復興支援住宅「がんばろう東北」を発売。制震システム「シーカス」を標準装備するなど高い基本性能はそのままに、プラン・使用を限定することで早期着工・工期短縮を実現しました。

4)復興開発
自力での生活再建が困難な方のための公的な賃貸住宅「災害公営住宅」の建設が求められています。当社では2014年1月、宮城県東松島市で災害公営住宅工事を着工。安定供給が可能で、高品質短工期のメリットもある当社独自の住宅の提案を推進していきます。

5)社会貢献
仮設住宅から災害公営住宅への移転を速やかに進めることも重要ですが、その地域の周辺に雇用を生み、生活が成立する環境づくりも大切です。災害公営住宅の建設に当たっては地域の建築部材を使用して「地産地消」を推進。また、陶版外壁「ベルバーン」の増産に伴い、生産ラインを東北工場に増設、地域の雇用増大にも貢献しています。

東日本大震災における積水ハウスの復興支援活動について 詳しくはこちら
災害時に求められる技術の開発に、積極的に取り組んでいます。

  • 短期施工が可能な仮設住宅2,771戸を建設

    住宅メーカーの社会的責任として、政府・自治体の協力要請に応え、仮設住宅の建設に協力して参りました。2週間の短工期で建築可能な仮設住宅2771戸を建築。断熱性にすぐれ、バス・トイレを完備した仮設住宅は、全国から駆けつけた施工担当者により建設されました。

  • 震災の教訓を生かして開発「おりひめトイレ」

    東日本大震災の教訓を生かして、女性や子どもにも使いやすい仮設トイレを仙台市と共同開発しました。試験設置などによる利用者からの聞き取り調査を実施、改良を加え事業化を目指しています。

    ニュースリリース

これからも、住まい、そして地域に防災の輪を広げていきます。

普段の暮らしの快適と、災害への強さを備えたさまざまな商品をご用意しています。

ワンランク上の「省エネ」と「創エネ」でゼロエネルギーを実現 グリーンファースト ゼロ
世界初の3電池連携システムでいつも安心・快適 グリーンファースト ハイブリッド
地震にブレーキをかけるオリジナルの制震構造システム SHEQAS<シーカス>

まち全体で「省エネ」&「創エネ」。住人に安心と満足をもたらすスマートタウン、「スマートコモンシティ」がはじまっています。

エネルギーの自立やコミュニティの再生をテーマとしたスマートハウス、スマートタウンへの期待が高まるなか、積水ハウスは「グリーンファースト ハイブリッド」を軸とする「スマートコモンシティ」を提案します。
東北では、日本初のスマートタウン「スマートコモンシティ明石台」(宮城県富谷町)をはじめ、「スマートコモンステージ美田園」(宮城県名取市)、「スマートコモンステージ森合」(福島県福島市)などが展開中です。